日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

期限を切って原発廃止の決断を

         原発の再稼働は絶対に許せません!

 
e0260114_16152826.jpg 4月1日、妻が新日本婦人の会の仲間の方々とともに、茨城県ひたちなか市で開催された『さよなら原発4・1台集会inいばらき』に参加しました。県内外から3000人が集まり、東海大2原発の廃炉と原発ゼロの日本に向けた思いを一つにしたそうです。妻は私とともに東日本大震災から1年の3月11日、高崎市役所前の城址公園で、原発からの完全撤退を求めて県内各地から2500人が集まった集会とデモ行進にも参加して、原原発ゼロへの運動に粘り強く取り組んでいます。いま、全国各地で政治的立場の違いを超えて「危険な原発をなくしてほしい」という一点で労働組合や市民団体、政党、個人などが結集した共同行動が広がっています。私も3月の市議会で山本龍前橋市長に「原発の再稼働を許さず、国のエネルギー政策を転換させるため市長も声をあげるべき」と求めました。これからも、危険な原発廃止の決断を国に求める市民の大きなうねりをつくり出そうと決意しています。

 4月1日の赤旗新聞の「潮流」は、政府の原発稼働促進の動きに警鐘を乱打しています。ご紹介しますので、ぜひとも一読を。

 「潮流子が使っている机の高さが60センチと少し。先週、東京電力の福島第1原発2号機の中の冷却水の水位がその程度だったと発表されました▼水温が50度なので溶けた燃料は冷えていると、東電は説明しています。しかし、予想より3メートル以上も低かったというのですから、不安です。東電と政府は昨年12月、「冷温停止状態」を完了したと言って、事故収束を宣言しました。その後はどうでしょう▼原子炉から放射性物質を含む汚染水は増え続け、処理した水を入れるタンクを増設する場所もなくなっています。施設から汚染水が漏れる事故は多発し、海へ流れてしまった事故も2度発生。原子炉の状態を把握できないのに、頼みの監視温度計の故障が相次いでいます▼事故は現在進行形です。なのに、政府は原発の再稼働の動きを強めています。まるで事故を忘れたかのようです。しかも、再稼働の判断に使うストレステスト(耐性試験)の審査は、専門家の意見も尽くさず、おざなりでした▼審査した原子力安全委員会は1日に廃止されるはずでした。今月中旬に任期を終える委員全員が「国民から信用される存在か、自信がない」から辞めたいと言っているそうです。原発の安全を担う規制機関がないことを裏書きしています▼水位を直接観測したのは2号機が初めてでした。では炉心溶融が一番早かった1号機、水素爆発して建屋がぼろぼろになった3号機は? 国民が求めているのは、安全ぬきで再稼働を押しつける政治判断ではありません。」
[PR]
by hasegawakaoru | 2012-04-03 16:16 | 近況報告