日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

群馬大学の入学式会場前で新入学生に訴え

 昨日4月5日、群馬県民会館で群馬大学の入学式が行なわれました。会場前で真新しい黒いスーツ姿の新入学生に党の政策宣伝ビラを渡しながらハンドマイクで訴えました。

e0260114_2012471.jpg


 私が、新入学生に訴えた内容は次の通りです。

 「群馬大学の新入学生のみなさん、難関を突破しての入学大変おめでとうございます。日本共産党はみなさんに心からのエールをおくります。
 地方から出てこられた学生のみなさんは、学生生活を送るアパートなどの確保は無事できたでしょうか。それにしても大学を卒業するまでのみなさんの経済的負担も大変です。授業料だけでも4年間で数百万円もかかる高学費は、世界から見ても異常です。OECD加盟34か国では、多くの国が学費無償です。返還義務のない給付制奨学金がないのは日本だけです。ましてや、消費税増税で学生生活を圧迫する政治は許せません。大学を卒業しても正規社員になれるのは約6割という就職難も深刻です。こんな未来ある若者にひどい政治はゆるせません。ごいっしょに声を上げ、力をあわせて、お金の心配なく学べる日本につくりかえましょう。

 長引く不況の下で、だれもが将来の暮らしに明るい希望が持てない、閉塞感のある日本社会です。しかし、いつの時代でも青年の力が未来を切り開いてきました。日本共産党は希望のもてる社会にするため、みなさんといっしょにがんばります。
 
 新入学生のみなさんは、東日本大震災と福島第1原発の事故という戦後未曽有の危機を目のあたりにして、日々のくらしや将来にさまざまな思いをめぐらせてきたのではないでしょうか。
いま多くの青年が、「自分に何ができるか」考え、思い思いに声をあげ、行動しています。
 震災募金や被災者支援のボランティアにとりくみ、「原発依存でいいのか」「放射能から子どもを守りたい」と掲げた集会やデモ、映画上映会などに、ネットやツイッターのよびかけを見て参加した方もいるでしょう。世論調査で、20代の2人に1人が、「デモに政治を動かす力がある」とこたえていることにも、若い世代が行動に踏み出す動きが始まりつつあることが示されています。
 これまで「自己責任」論を押しつけられバラバラにされてきた若い世代が、「少しでも被災者の力になりたい」と社会的連帯の絆をつくり、社会のあり方や自分の生き方を問い、探求と行動を多彩に発展させていることは、新しい希望ある流れです。日本共産党は、みなさんの希望が実現できる政治をめざして全力でがんばります。
 
 さて、自民党・公明党政権から民主党政権に交代してから約2年半。民主党政権は、政権交代で掲げた沖縄・米軍普天間基地の「国外・県外」への移設や、消費税は増税しないなどの公約を、ことごとく踏みにじってきました。
 「自民党政治を変えたい」という国民の願いは、裏切られ、失望と怒りが広がっています。
 もう自民党と民主党の「二大政党」には日本の政治をまかせられない―国民・青年の共通する思いです。本当の改革は、異常な対米従属と、財界・大企業の横暴な支配という「二つの異常」にメスを入れることに踏み出してこそ、実現できます。

  どんなに「改革」や「維新」を叫んでも、この「二つの異常」を切りかえない限り、未来は開けません。
 日本共産党は、この閉塞(へいそく)状況をつくりだした政治の古い枠組みを打ち破り、新しい日本を、みなさんと実現することをめざします。
 
 日米安保条約をなくし、日本国中に軍事基地網を張りめぐらすアメリカの横暴な支配を打破すれば、東アジアの平和にも貢献でき、7000億円の駐留米軍関連経費を暮らしや教育にあてることもできます。
 財界・大企業の横暴を抑えれば、人間らしい雇用や貧困・格差の解決もすすむでしょう。
 
 日本共産党は90年前、「国民の苦難軽減」を立党の精神として誕生しました。
 社会を大もとから変える展望を掲げ、どんな困難に直面しても、多くの国民と手をとりあって「国民が主人公」の未来をつくる変革者の党として歴史を刻んできました。

 新しい歴史をつくるのは、未来に生きる青年であり、未来の党・日本共産党は、いつの時代も青年とともにたたかう党です。
 
 新入学生のみなさん。激動の時代に希望ある日本を、いっしょにつくっていこうではありませんか。」
[PR]
by hasegawakaoru | 2012-04-06 11:45 | 近況報告