日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

14町の自治会長とともに市長に住民要望の実現を求めて懇談

    南橘地区の切実な住民要望の実現を!

 本日の午前11時から1時間、南橘地区の14町の自治会長が出席して、山本龍市長に地域の切実な住民要望の実現をめざす懇談会が開かれました。
 地元市議として、安孫子県議・横山・町田市議とともに私も参加しました。これまで、このような陳情活動は保守系議員が紹介議員となっていましたが、「私も地元議員として地域要求の実現の先頭に立っています。ぜひとも参加させてください」と連合会長に参加を要請しところ、快く参加を認めてくれて、初参加となりました。
e0260114_20164922.jpg

 懇談ではまず、有坂細井小学校長とPTA会長から山本市長に、細井小学校のそばの通学路にもなっている赤城白川にかかる橋の幅員が狭いので、子どもたちの安全確保のための歩道橋の設置などの拡幅工事を要請する要請文書が手渡されました。
 そのあと、連合会長から上武国道の建設工事の促進と南橘公民館に新たに連合会所有の物品を管理するための倉庫を新設してほしいという要望が出されました。

 また、各自治会長から通学路の安全対策、町内の都市公園の整備と管理の支援強化、上武道路建設に伴う関連生活道路の整備、市有地に生い茂るアカシアなどの伐採、交通事故多発箇所への信号機設置や交通規制要望、狭隘道路の拡幅、市営住宅の建て替え促進、赤城県道などの改良工事の促進などの要望がつぎつぎと出されました。

 山本市長は「子どもの通学路の安全対策などの切実な住民要望はよく分かりました。多額の予算を必要とする事業や、国や県と連携しなければならない事業はすぐに実現できないかもしれません。しかし、要望実現のためにできる限りの努力を尽くします」「南橘地区は地域づくり活動やごみの減量リサイクル活動など積極的な活動が行なわれています。教訓的な活動なので全市に広げてゆきたい」と話しました。

 私は、「今回、自治会長のみなさんの要望を直接お聞きできて大変良かったと思います。どれも住民の安全に関わる大切な要望ばかりです。これからも実現に向けて全力を尽くします」とあいさつしました。
[PR]
by hasegawakaoru | 2012-04-18 20:16 | 市議会活動報告