日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

富士見のみなさんと利用しやすいデマンドバスの運行を市長に要請

住民要望を尊重したデマンドバスの運行を!

  「富士見地区の循環バスの運行改善を求める会」(代表は下田嘉丈氏)のみなさんとともに27日、前橋市長に呼び出し方式のデマンドバスの早期運行を求める申し入れを行ないました。

 下田代表ら7人が参加し、市長に代わって出席した細野初男副市長に614人分の署名を提出して約1時間懇談しました。私長谷川薫と中道・近藤市議が出席しました。
 
 前橋市では現在、大胡・宮城・粕川の3地区で、住民の電話予約に応じて運行するデマンドバス方式「ふるさとバス」(1回おとな200円)が運行されています。富士見地区では利用しにくい循環バスをデマンドバス方式のバスに変更してほしいという要望が多く、同会では住民とともにその実現をめざして運動が取り組まれてきました。長谷川議員も繰り返し議会で質問し、早期実現を求めてきました。

e0260114_21571322.jpg


 市は6日に発表した2016年度一般会計当初予算に「市内全域デマンド化推進検討事業」を盛り込み、富士見地区内はもとより、旧市内の病院や公共施設などを結ぶことのできるデマンドバスの社会実験の年内開始を明らかにしました。

 懇談では、岩崎始事務局長が「とくに高齢者は、買物や通院などで市街地に容易には出られない状況が続いている」と述べ、△多くの住民要望を尊重した運行計画の策定△主な病院や商業施設や駅などへの富士見地区以外の運行区域の拡大△住民要望に沿った停留所の選定と十分か箇所の確保などを要望しました。

 参加者は「合併した以上、病院や市役所本庁舎などを、同じ市民として平等に利用できる機会交通面でも作ってほしい」「富士見は坂の多い中山間地域。だれもが安心して利用できる運行計画を」「足の弱くなった高齢者が多いので、停留所はとくに細かく」決めてほしいなどを訴えました。

 細野副市長は「デマンドバスは生活を良くする、暮らしを便利にする仕組みづくりとして位置づけて、みなさんの期待に応えたい」と話しました。

 私は、「住民の切実な願い実現に向けて、今後も前橋市のデマンド運行に向けての準備内容を見守りながら促進を図りたい」とあいさつをしました。
 
 
[PR]
by hasegawakaoru | 2012-04-27 18:29 | 市議会活動報告