日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

高齢者の切実な願いに応える政治を

地元の高齢者を訪問‥切実な要望続出

 共産党事務所の宿直明けの日曜日、まず日輪寺町で長く生活相談に乗っている85歳の1人暮らしの女性の高齢者Sさんが6月上旬に自宅の玄関で転倒し大腿部を骨折して、市内の富沢病院に入院して手術をしたとの連絡を受けていたので、病院に直行。
 予想以上に元気な姿を見手まず安心。手術は無事終わり今後1~2か月リハビリをして、自宅で一人暮らしを続けるとのこと。庭の除草をシルバー人材センターに見積もってもらうことと、玄関の飛び石をスロープ化する工事の早期実施を依頼を受けました。要介護認定されれば20万円以内のバリアフリー工事は1割負担でできることを説明。

 次に特別養護老人ホーム関根園を訪問。入所中の87歳のKさんが脳出血で市内の老年病研究所付属病院に入院したとのこと。出血も少なく入院治療が早かったために大きな後遺症もなくリハビリが順調に進んでKるので、もう一度施設に帰ることができそうとのケアマネの説明を受けて一安心。

 次に川端町の80代のご夫婦宅を訪問。心臓発作で最近も入院したご主人のIさんは、ご夫婦で農業を続けており、今日も枝豆の出荷準備。農業が天職。こんな高齢者の生き甲斐を奪うTPP参加は許せません。

 南橘町のKさんを訪問。私より若い50代の女性は、水道工事業者と離婚。脳梗塞で半身不随。1級障害で8万数千円の障害年金で市営住宅で一人暮らし。それでも不自由な体で室内も清潔に片付いている。携帯電話で友人と話すことが楽しみとのこと。

 南橘町の85歳Sさんは一人暮らしの高齢者、最近深夜にめまいと吐き気で死ぬかと思うような苦しみに襲われたとのこと。親戚に翌朝背負われて病院に。メヌエル氏症候群と診断されたとのこと。救急車を遠慮なく利用するように助言。

 同じく南橘町の市営住宅の4階に住む70代の高齢夫婦。生活保護を受給しているが、ついに20年以上使ってきたエアコンと風呂釜が壊れたとのこと。現制度ではエアコンの扶助はなく、風呂も12万円が扶助の上限。私の知り合いの風呂店に12万円以内でシャワー付きの釜を見積もってもらえないかどうか聞いてみることに。

e0260114_9474728.jpg 同じく3年余り前に夫と死別した80代の一人暮らしのAさんを訪問。近くのスーパーまで手押し車を頼りに買い物に行くが、帰りは4~5回道路端に座り込んで休まなければ帰れない。いつまでこのような一人くらしができるのか・・・心配で不安でと話されていました。

 今日は20名余りの高齢者とお会いしてお話をお聞きしました。大病やけがをせず、ご長寿を祈らざるを得ませんでした。

  さまざまな社会貢献を尽くしてこられた高齢者にもっと優しい政治を! 

e0260114_9412525.jpg多くの高齢者が長い人生の終わりに近い生活を懸命に生き抜いています。わずかな年金収入で、病気の不安と闘いながら、先に逝った夫のあの世での安らかな眠りを祈りながらつつましい生活を送っている高齢者の生活を苦しめる消費税増税や社会保障制度の改悪を進める自民党・民主党・公明党の密室談合政治は許せません。今日お会いした多くの高齢者がこんなひどい政治を変えて欲しいと願っています。
 アメリカや財界言いなりの悪政を変えましょう!近づく総選挙での日本共産党の躍進を心から訴えました。
[PR]
by hasegawakaoru | 2012-07-01 23:25 | 市議会活動報告