日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

日本共産党の躍進で平和と暮らしを守りましょう!

街頭から私が訴えている演説です。

 皆さんこんにちは。日本の平和と私たちの命と暮らしがかかった参議院選挙が目前に迫ってきました。どうぞ、アメリカや財界言いなりの自公政権・安倍政権の悪政と真正面から立ち向かっている日本共産党と群馬選挙区のたなはしせつ子へのご支援を心からお願いします。

皆さん、「アベノミクス」で、私たちの暮らしは少しでも良くなってきたでしょうか。
 投機とバブルをあおる異常な経済政策はごく一部の富裕層と大企業だけがもうけを増やし、私たち庶民の暮らしはガソリンや食料品の物価が上がり、ますます厳しくなる一方ではないでしょうか。その上、安倍自公政権は消費税を10%に増税し、年金は削減する、医療費の窓口負担も介護保険の負担は増やす、最後のセーフティーネットである生活保護も削っていくと言っています。これでどうやって生きて行けというのでしょうか。

 今、景気回復のために必要なことは、まず日本経済の6割を占めている家計・個人消費を暖めて、国民の所得を増やすことです。
 そのために、大企業が溜め込んでいる内部留保260兆円のほんの数㌫を使って、正規雇用労働者を増やし、労働者の賃金を引き上げさせることが必要です。

 ところが安倍首相が進めようとしていることは全く逆で、第3の矢の成長戦略の中心は、労働の更なる規制緩和です。安倍首相は、世界で一番企業が経営しやすい労働環境をつくる」といっていますが、これは大企業がもっともうけるために労働者はその犠牲になってほしいということです。非正規雇用労働者は3人に1人の1800万人を超えています。年収200万円以下の働く貧困層、結婚も子どもを生み育てることもできないワーキングプアも1000万人を越えています。その上、限定正社員という制度をつくり、解雇しやすい正社員を作る、派遣や有期雇用の労働者など今以上に不安定な雇用形態を増やしていく。労働時間の規制も取り払って、いくら残業しても残業代を払わないでよい制度をつくる。こんなひどい制度をつくろうとしているのです。こんなことをしたら、ユニクロのように日本の企業全体が労働者を使い捨て自由にするブラック企業化してしまいます。

 労働者の権利なんて二の次、生身の人間の生活も身体も心もどうなってもよいといわんばかりで、企業がもうかりさいすればいいという制度の導入を許してはなりません。
人間らしく働ける雇用のルール、企業が労働者を雇用するときは正社員が当たり前というルールを政治の力でつくらせようではありませんか。

 そして、消費税の増税を中止し、安定した雇用と賃金の引き上げ、社会保障の充実で所得を増やさなければなりません。アメリカ型の弱肉強食のルールが日本に押し付けられるTPP環太平洋連携協定交渉参加を断念に追い詰め、農業や食の安全そして医療や雇用を守って行こうではありませんか。

 皆さん、戦争を二度としないと誓って日本の戦後の社会は始まりました。ところが自民党や維新の会やみんなの党は憲法9条を改悪し、国防軍を作って、米軍といっしょに戦争しようとねっらっています。日本が行なった植民地支配や侵略戦争そして従軍慰安婦問題など歴史の事実を否定し美化し正当化する歴史への逆行も強まっています。戦後政治の原点を忘れた政治家は失格です。日本共産党は、憲法を守り抜き暮らしに生かします。
 
 皆さん、福島原発は事故の真っ只中です。地震列島の日本に安全な原発はありません。再稼働も輸出も論外です。即時原発ゼロを決断し、太陽光や少水力や風力などの再生可能な自然エネルギーへの転換を求めます。

e0260114_1933194.jpg
 国民の願いに背いて暴走している自民党政治と正面から対決をする日本共産党が伸びてこそ、私たち国民の命、日本の未来を守る一番の力になります。

 どうぞ、党ができて91年、戦前は暗黒政治と侵略戦争に命がけで反対を貫きました。戦後も旧ソ連や中国などからの無法な干渉を断固と跳ね返し、社会主義を看板にした専制主義や自由と民主主義の抑圧に厳しく反対を貫いた自主独立の党です。アメリカ言いなり大企業中心の自民党型政治のゆがみを正すために、筋を通して頑張りぬいている党が日本共産党です。企業からの汚れた政治献金も政党助成金も受け取らない清潔な政党です。

 皆さんの大きなご支援を、日本共産党とたなはしせつ子にお寄せくださいますよう、心からお願いいたしまして訴えと致します。
[PR]
by hasegawakaoru | 2013-06-14 19:33 | 近況報告