日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

原発やめて、安全な自然エネルギーへの転換を!

前橋市の太陽光発電事業進む!

 長谷川薫議員は「東電福島第一原発の事故から2年余の体験は、原発と人類が共存できないことを示しています。日本で大地震が起きないといえる場所はなく、原発は直ちにやめるべきです。日本共産党は『即時原発ゼロ』の政治決断をおこない、再生可能エネルギーの大幅導入への抜本的転換の計画を立てるべきと提案しています。太陽光、小水力、バイオマス、風力、地熱など多様なエネルギーは今ある原発の40倍の潜在能力です。
 安倍政権は、新たな安全神話を作り、危険な原発を再稼動させようとしていますが、これを許さず、自然エネルギー大国に舵を切り替えるべきです。今、前橋市は市有地に2箇所の太陽光発電事業を具体化しました。公共施設の屋根への太陽光発電施設の設置や事業者や個人宅への太陽光発電の補助事業もスタートさせています。いっそうの事業推進を求めます」と述べています。

■堀越町の大規模太陽光発電事業・完成■

e0260114_11473514.jpg


 敷地面積1・664㌶に太陽光パネル3200枚を設置、20年リース・市直営、年間約3215万円の売電収入を見込む。年間想定発電量は84万kW時、約240世帯分の電力使用料に相当。年間389トンの二酸化炭素排出を抑制。(写真)

■荻窪町中之沢大規模発電事業(計画)■

 荻窪最終処分場1.85㌶と粕川中之沢焼く羽状跡地0.75㌶に設置。年間発電量は157万kW時、約450世帯分の電力使用料、20年リース・市直営。売電による純収益は約1億8400万円、公募によって民間業者を選定し、来年9月から発電開始予定。

■太陽光発電補助事業■
 
国・県・前橋市の補助事業を組み合わせて利用できます。詳しくは環境部環境政策課に問い合わせを。
[PR]
by hasegawakaoru | 2013-10-24 11:47 | 市議会活動報告