日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

市民の願いを国政・県政に届けます!

塩川鉄也日本共産党衆議院議員と酒井宏明・伊藤祐司党群馬県議に託しました!

 10月4日、塩川鉄也党衆議院議員と酒井宏明・伊藤祐司党県議を迎えて国政・県政に市民要望を伝える懇談会が開かれました。県内の民主団体や労働組合や当議員団が参加しました。
 長谷川薫議員は・生活保護・滞納整理・国保・防災対策・農業・環境などについて要望を託しました。詳細は以下のとおりです。

e0260114_12544051.jpg


1、生活保護行政

 国は、①賃貸住宅(公的住宅も含む)の退去時のリフォーム扶助の制度化。②風呂釜や浴槽などの基準額の引き上げ。③猛暑に対応しエアコン扶助の制度化。④教育扶助として、小・中・高生の修学旅行積立金の扶助を制度化すべき。

2、税徴収の改善

 市は、税の滞納者の生活や営業実態を十分把握しないまま、「悪質」と安易に決め付けて、郵送差押さえなどを乱発し、すぐ換価できる給与や売掛金が振り込まれる預貯金を差し押えている。24年度の差押さえ件数は、国保税4,286件・約6億円、一般税6,961件・約11億円に及んでいる。高崎市の約5倍もの差し押さえは異常であり、滞納世帯の生存権や自営業者の営業が脅かされている。徴税吏員による暴言も多い。
国は、徴収猶予や執行停止などの納税緩和措置が適切に行われているかどうか、実態をただちに調査して改善指導を行なうべき。

3、国民健康保険

 市の国保加入世帯(約5万5千世帯)は所得2百万円以下が約8割。
今年度は、一般会計からの約7億円の繰り入れによって、引き上げ幅を抑えたとはいえ、1世帯平均2万3千円、総額約12億円の国保税の引き上げは、国保世帯の暮らしを圧迫している。
1世帯当たりの国保税額は約18万5千円、所得の1割を超える国保税額は、負担の限界を超え、滞納世帯も約2割に達している。
 本市の国保税が高くなっているのは、高齢化の進行による医療給付費が伸びているにもかかわらず、逆に国保会計の総収入にしめる国庫負担の割合が1984年の50%から、現在は25%へと半減しているためである。
 国は、国民皆保険制度を維持する責務を十分果巣ために、国庫負担の増額を今こそ決断すべき。など
[PR]
by hasegawakaoru | 2013-10-24 12:03 | 近況報告