日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

秘密保護法の衆議院での強行採決の暴挙に抗議する!

採決強行は許せない
   前橋駅前で抗議の訴え!


e0260114_0192683.jpg


 前橋駅前で、日本共産党前橋委員会、酒井宏明県議、長谷川薫・中道浪子・小林久子・近藤好枝市議会議員が、強行採決に対する怒りの街頭宣伝をした。

 今日、秘密保護法案を自民党・公明党・みんなの党が採決を強行した。国会で議論すればするほど、法案の危険性が日々明らかになってきている。21日には、日比谷野外音楽堂での1万人規模の反対集会が開かれるなど、個人・労働組合・民主団体・演劇人・弁護士・ジャーナリスト、出版関係など、幅広い方が反対の声をあげ,運動に立ち上がっている。
 自民党は、法案の危険な本質を国民に気づかれないうちに通したいという思いから、みんなの党や(事実上)維新の会の手を借りて、法案採択を強行した。
何が秘密かも分からない、原発推進も軍備拡張も国民に知られないまま進めたいという、自民党安倍政権の危険な野望を絶対に許してはならない。
 私たちは、国民の基本的人権である知る権利や表現の自由を奪って、取材も報道も規制して、戦争の準備を進める手法は、戦前の日本やドイツ・イタリアで経験済みである。
 軍事秘密法・治安維持法によって共産主義者だけではなく社会民主主義者も宗教者も厳しく弾圧された。暗黒政治によって、国民が侵略戦争に巻き込まれ、何の罪もないアジアの人々1000万人以上の命を奪い、300万人以上の日本国民が犠牲になった。広島・長崎の原爆の悲劇もわずか68年前のこと。絶対に繰り返してはならない。
 最近、安倍総理の顔が、ナチス党のヒットラー総統に似てきた。アメリカとともに国防軍を作って海外で戦争をする国づくりをめざす政治の暴走を力を合わせてくいとめよう! 
 参議院で徹底審議の上で、廃案に追い込むためにともに力を合わせよう。民主主義と平和を守り抜こう!

[PR]
by hasegawakaoru | 2013-11-27 00:46 | 近況報告