日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

競争教育の激化・若者の使い捨て・高齢者に冷たい医療や介護制度の改悪をやめさせます!

子ども・青年・高齢者に優しい政治をめざします

 新しい年がはじまりました。自民党安倍政権は、秘密保護法の強行・消費税増税・Tpp・原発再稼動・集団的自衛権の行使容認・オスプレイの訓練拡大・沖縄の辺野古米軍基地建設、靖国神社参拝など、危険な暴走政治を強めています。私は、国民の暮らしと日本の平和を守りぬくために、自公政権と真正面から対決して、頑張ります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 未来をになう子どもたちを大切に 
e0260114_18323721.jpg

 安倍政権は財界の言いなりになって、日本の未来をになう子どもたちを早くからテストの点数で競争させ、ふるいにかけて、早い段階から『できる子とできない子』に分けて、少数の『エリート』を効率的に育てようと、世界でも例がない競争教育を押し付けてきました。落ちこぼされた子どもたちは、力があるにもかかわらず劣等感をかかえ、勉強嫌いになって、『不登校やいじめ』で苦しめられています。小学校2年生でとどまっている30人以下学級を全学年に広げ、すべての子どもたちを大切にする行き届いた教育の実現をめざします。

こんなにひどい教育の右傾化がねらわれています

 戦前の「修身」復活も

 日本の教育は異常な競争教育、世界一の高額費、教育の自由根の乱暴な介入など、世界に例のないゆがみをかかえています。その上、太平洋戦争は正義の戦争であったと侵略戦争を否定する靖国神社を公式参拝した安倍政権は、『日本軍による南京大虐殺事件は教科書で教えない方がよい』と述べて社会科教科書の全面書き換えを求めています。そして、『国の為に命を捧げる事を美徳』とするような戦前の『修身』を復活させるような道徳教育の強化をねらっています。

 教育委員会の解体も

 さらに安倍政権はまもなく開かれる国会に、戦後ずっと続いている教育委員会制度を廃止する法案を提出しようとしています。教育委員会は教育長のみ常勤で、他は保護者を含む有識者で構成されており、教育行政を市民目線でチェックし決定権を持つ機関です。教育の自主性を守り、権力的支配を防ぐための制度です。学校現場が市長の顔色を見るようになったら、教育は成り立ちません。未来をになう子どもの教育を、戦前のような軍国主義教育にさせないためにも頑張りたいと思います。

若者が人間らしく働き成長できる社会をめざします
e0260114_18294338.jpg

 若者の2人に1人は派遣・パートなど不安定な働き方の非正規社員です。低賃金・長時間のサービス残業やパワハラを強いられ、心を病み使い捨てにされる若者も少なくありません。大企業の目先の利益最優先社会の自民党政治が続いてきた下で、若い世代はその矛盾を深刻に受けています。ハローワーク前橋前での宣伝で、『結婚もできない、子どもも産めない・・・』と若者から訴えられました。こんな社会が続けば、少子高齢化がいっそう深刻化します。『労働者を雇用する場合は、正社員が当たり前』など、全ての若者が人間らしく働き成長できる雇用とくらしのルールの確立をめざします。


特別養護老人ホームの増設と介護負担の軽減を

 長い間、家族を支え、社会に貢献してきた高齢者が余にも粗末にされすぎています。かつては、脳卒中などで介護が必要になった時には、ほとんどの方が介護費用の負担はありませんでした。
ところが、今は高い介護保険料をきちんと納めていても、介護サービスを利用すれば1割の利用料がかかり、施設に入所すれば月に10万円以上の入所費用がかかります。特養老人ホームも不足しており、市内で1500人以上の高齢者が入所を待機させられています。医療費も70歳になる方は75歳になるまで窓口負担が2割に倍化されます。高齢者の医療や介護は無料にすべきです。
 無駄な公共事業や軍事費を減らし政党助成金をなくし、大企業や高額所得者への行き過ぎた減税をやめれば高齢者のための財源は生み出せます。高齢者に優しい政治をめざします。 
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-01-06 18:35 | その他