日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

3月議会開会 市民の暮らし応援の予算編成を求めて全力

 3月4日(火)から平成26年度予算の編成や25年度最後の3月補正予算を審査する第1回定例市議会が始まりました。
 党市議団は今回の73㌢という記録的な大雪による市内各所の様々な災害復旧予算の十分な確保を また、政府が4月から強行しようとしている消費税の8%増税から市民の暮らしや中小零細企業の経営を守るための支援策を求めます。 
 さらに政府がねらう社会保障制度の全面改悪を許さず、医療・介護・保育など市民が利用している現在の各種制度の充実を求めて全力を上げます。
私は、12日(水)に本会議総括質問(持ち時間24分)、17日(月)に市民経済委員会で予算審査の質 問(同60分)に立ち、市民の願い実現をめざします。ぜひ傍聴をお願いします!

大雪による農業被害深刻、最大限の再建支援を
e0260114_10502255.jpg
 今回の大雪は市内の数多くのカーポートや住宅の損壊をもたらしました。行政による迅速な見舞金・復旧支援金の支給は当然です。 
ビニールハウスなどの倒壊による農業被害も甚大で、現在までに判明しただけでも市内農家の被害額は50億円。県内で最大です。 
具体化した復旧支援制度は、倒壊した農業施設と同規模で再建する場合は、撤去費用を含めた経費の30%を国が補助し、残りを県と市が20%を上乗せします。従来よりも規模を縮小したり、露地栽培に切り替える場合は国の補助対象外となるので、再建費の30%を県が独自に補助します。畜舎の倒壊で死亡した家畜は運搬費の半額と処分費用の全額を補助などです。
しかし、これでも担い手が高齢化しているためには、新たな借金をして再建することが困難な農家も少なくありません。今議会で、さらに手厚い農業再建のための支援措置を国や県に求めるとともに、市独自の支援措置の充実を求めたいと思います。【下の写真・大雪で倒壊ハウスでは、出荷目前のキュウリの苗が全滅しました】
e0260114_1047697.jpg

戦争をする国づくり・消費税増税・社会保障改悪・行き過ぎた税金の取立て
市長は暴走する安倍政府への追随やめよ

 市の公共料金の値上げの中止を!
 新年度予算では、消費税を全ての公共料金に転嫁しようとしています。スポーツ施設・公民館・斎場・駐輪場・日帰り温泉などの利用料が軒並み値上げされ、年間約4000万円の市民負担です。上・下水道料の値上げも行なわれます。共産党市議団は、「市民の消費税の負担が4人家族で新たに年間15万円も負担が増える。市で決められる公共料金は消費税の転嫁をやめよ」と求めます。

 介護保険制度改悪許さず充実を!
 要支援高齢者の介護サービスを介護保険からはずし、特別養護老人ホームの入所を要介護3以上の高齢者に限定するなどの制度改悪を国が進めようとしています。高い介護保険料の負担を求めながらサービス給付を抑制する制度改悪への言いなりにならないよう、国に改悪反対の声を上げさせます。

 行き過ぎた税金の取立てをやめよ!
 市は年間8千件以上も差押えています。全国的にも異常な滞納整理です。生活困窮のために税金を滞納した市民への問答無用の給与や売掛金の差押さえをやめさせ、分納による自主納付を認めさせます。同時に、そもそも高すぎる国保税の引き下げが必要です。
タクシー助成でなく、低料金の全市デマンド交通の早期実現を!
富士見町で全市デマンドの社会実験が始まりました。相乗りを強調し、タクシー料金に一回1人500円の助成では、利用者の負担が重過ぎます。高齢者が低料金で通院できる、全市デマンド交通の早期実現をめざします。

 米軍機の低空飛行・オスプレイの配備に反対を!
 前橋上空での米軍機の危険な低空飛行訓練が続いています。榛東村の自衛隊12旅団へのオスプレイ配備計画の許せません。市長に迫ります。
 
e0260114_10523516.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2014-03-03 10:53 | 市議会活動報告