日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

交通弱者支援の全市デマンド交通の早期実現を!

前橋市が2地区で新たに社会実験を実施!
 前橋市は、今春の3・4月に富士見地区で移動困難者を対象にデマンド相乗りタクシーの社会実験を実施しましたが、本年度に利根西の清里・総社・元総社地区と、南部の上川淵・下川淵地区でも取り組む方針を決めました。来年度に実験結果を取りまとめ、市全域での運行を含めた本格実施を検討すると表明しています。

利用対象者を広げて実施
 
 デマンド相乗りタクシーは、高齢者が事前登録するとタクシーを利用する際に市から運賃が補助される仕組みです。有識者らでつくる「デマンド化研究会」が19日に、合意・承認した計画によると、清里・総社・元総社地区は10月から、上川淵・下川淵地区は来年3月から社会実験を2カ月間実施します。富士見地区の社会実験では、1あたり乗車500円の支援では運賃負担が重過ぎるなどの理由から、事前登録者591人のうち54人の利用にとどまり、市当局が期待していたほど利用が増えなかった社会実験の結果を踏まえて、以下の通り見直しをしました。
▼利用対象者を75歳以上の高齢者に加えて「65歳以上で自由に使える車を持っていない人」を追加。
▼「一人1乗車500円」だった市の支援額を、単独で乗る場合は実費負担額の5割・最大1000円とする。
▼事前予約がなくても利用可能とする。タクシー待機所でも流しタクシーでも利用が可能です。
▼利用区域は利根西の実験では本庁と南橘地区、上・下川淵の実験では本庁・永明・城南・桂萱・大胡地区です。
e0260114_2144695.jpg

全市デマンド交通は市長の選挙公約~早期実現を
 
 大型店の出店が進み、歩いて買い物ができる近所のお店がなくなり、車の運転ができなくなった高齢者が、食料品など生活必需品も買えなくなっています。通院に利用するタクシー料金が病院で支払う医療費の何倍もかかる高齢者も増えています。低料金で利用できる全市デマンド交通は山本市長自らの選挙の公約です。党市議団は、市長に早期本格実現を求めて全力を上げます。
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-08-28 21:45 | 市議会活動報告