日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

一日も早く「交通弱者支援策」の充実を!

 
e0260114_12373014.jpg


 この半年の間に、親しくしている方が、5人も自宅や自転車で転んで大腿骨の骨折で手術を受け、約3か月の入院生活を余儀なくされた。退院しても痛みが残ったり、杖なしでの歩行が困難になっている。残念ながら、多くの方が入院前の元気な暮らしを奪われている。高齢になると骨粗鬆症の方が増え、骨がもろくなったうえに、筋肉量も少なくなるので、つまずいて転倒すると即骨折ということになってしまうのだと思う。

 今、私が暮らす南橘団地には、このように加齢や病気で歩行が困難となって、すぐ近くのスーパーや病院に行くのも大変になって、遠くの親戚に送迎を依頼したり、高い運賃を負担してタクシーを利用するなど、経済的にも肉体的にも苦労をされている高齢者が多い。
 
 私たち共産党市議団は、「移動困難な高齢者が確実に増えてくる高齢化社会の下では、前橋市内全域で低料金もしくは無料で利用できる高齢者向けの便利な交通手段を作るべき。財政が苦しいというが、市内13か所もの区画整理事業には年間70億円もかけていながら、赤字バス路線の委託や循環バスなど公共交通への支出は年間わずか3億円。公共交通予算の増額は、高齢者の引きこもりが減って、元気に暮らせる高齢者が増えることは間違いない。結果として、高齢者への医療や介護の支出も減る」と歴代市長に求めてきた。やっと今年からデマンド・タクシーの社会実験が始まったが、一日も早く実現させたいと思う。  

 
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-09-09 12:37 | 近況報告