日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

前橋市の来年度予算編成に向けて、労組や民主団体などとの懇談会を開催

各分野の要求運動を強め、市民要求の実現をめざそう

e0260114_14521580.jpg

 党市議団と党前橋地区委員会は20日、来年度の前橋市の予算要望懇談会を開催しました。生方秀男地区委員長と酒井宏明県議も参加しました。懇談会には、前橋民商・群馬県農民連・新婦人前橋支部・全群馬教勝組合前橋支部・保育園・群馬中央医療生協や党支部が参加しました。 
最初に長谷川薫議員が、「前橋市政は安倍政権の悪政に何でも追随し、消費税増税や集団的自衛権行使容認などにも一切反対の声を上げない。これでは市民の命も暮らしも守れない。市議会も日本共産党以外の会派は離合集散を繰り返しているが市長提案の予決算案も各種税や公共料金の値上げ案も、国いいなりの条例案でなんでも賛成のオール与党議会。多くの分野で市民の運動を強め、日本共産党市議団と力を合わせて市民要求を実現させましょう」と呼びかけました。各分野から出された要望は以下の通りです。

在宅酸素療法患者への電気代助成を!介護認定の改善を! 

 前橋中央医療生協からは、月2万円以上もかかる在宅酸素療法患者の電気代の助成を」「1回3千円の母乳外来に助成を」「たん吸引を受けられる特養の設置を」「介護予防と保健予防一体化した小学校区単位の体制確立を」など。
e0260114_14553488.jpg

すべての小中学校で30人学級制度の早期実現を!

 全群教前橋支部からは「教職員を増やして全小中学校の少人数学級(30人を超えたら2クラスに)を早期実現」「アスベストの完全除去を」「学校給食の無償化を」など。

暮らしを脅かす差し押さえの濫用やめ、店舗リフォーム助成制度の創設などの支援策を!

 前橋民商は「税金滞納者を安易に悪質と決めつけて、全国トップクラスの年間8千件以上の差し押さえで市民の暮らしお脅かす収納行政の改善を」「高崎市のような店舗リフォーム助成制度の創設を」「高すぎる国保税の引き下げを」など。

大雪による全ての被災農家への補償金の支給を急いでほしい!

 農民連からは、「3月の大雪による被災農家への補償金の支給が遅れている。県と市で弾力的な対応を急ぎ、全被災農家への支払いを急いでほしい」「生産者米価が1俵6500円に暴落し再生産できない。支援策を」「優良農地を大規模農家に集積する農地中間管理機構の事業では、中山間地の耕作放棄地が逆に増える。改善が必要」と要望。

現行保育水準を後退させないで!

保育園長からは「保育士資格もいらない小規模保育は安全が確保できない。認可しないでほしい」「保育士不足は深刻。給与アップのための支援をしてほしい」などの要望が出されました。
e0260114_14572969.gif

介護制度改悪やめ特養の増設を!

 新婦人前橋支部からは「介護保険給付からの要支援外しをやめ、千五百人も待機者がいる特養ホームの増設を」「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、憲法九条を守れ」など。
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-10-22 14:59 | 市議会活動報告