日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

高齢者の介護保険料の引き上げやめよ!

第6期介護保険・保険料の基準額19.9%の引き上げ案が提案される


 前橋市は、H27年度からH29年度までの3年間の第6期介護保険事業計画(案)を発表し、特別養護老人ホームの増設が250床にとどまることが明らかになりました。また、H27年度の介護保険特別会計が示され、介護保険料が第5期の3年間と比べて19・9%も引き上げられることが明らかになりました。

 一般会計を繰り入れて、引き上げの中止を!

  介護保険料については、左の表の通り、保険料の基準額を月額5785円とし、第5期の4825円と比べて958円。約20%の引き上げを提案しています。これによって65歳以上の高齢者の新たな負担は年間11億円にも及びます。
  市当局は、要介護認定者数の増加や特別養護老人ホームなどの増床等で介護給付費の増加を見込み、介護給付費準備基金を3億円繰り入れての結果です。基金も底をつく中、介護保険会計の国庫負担の拡充なくして保険料負担の増加を抑えることはできません。
e0260114_1144970.jpg
 

  酒井宏明県議や長谷川薫市議は、「そもそも介護保険は、介護の社会化をめざすとして15年前に国がつくった制度です。日本共産党は、介護保険会計への国庫負担25%を、少なくとも30%に引き上げることを一貫して要求してきました。高齢者は年金が減らされ、物価高騰で、ますます生活が苦しくなっています。前橋市は、保険料や利用料の軽減のために、一般会計から介護保険会計に繰り入れを決断し、大幅引き上げを見直すべきです」と述べています。

4月からの介護保険制度の改悪の影響は?


  自民・公明党が強行した制度改悪によって、要支援者の介護サービス外しが心配されています。日本共産党が実施を強く反対したこともあり、前橋市は要支援者の訪問介護(ヘルパー介護)と通所介護(デイサービス)を今まで通りH28年度まで受けられるようにします。H29年度からは、市が実施するボランティアを中心にした新たな総合支援事業へ移行します。
  年収280万円以上の高齢者の利用料は、1割から2割と負担が強められます。

介護報酬の引き下げは、深刻な人手不足を招く


  介護労働者の月収は全産業の平均より10万円も下回っています。待遇改善が求められているのに政府は、介護報酬を過去最大の2.27%も引き下げを決めています。長谷川議員は「介護報酬の引き下げが、今でも深刻な介護現場の人手不足に拍車をかけることは火を見るよりも明らか。撤回を求めたい」と述べています。

特養ホームの整備目標250床を見直し大幅増設を!
 
e0260114_11272238.jpg


  現在市内の特養待機者は1300人、特養ホームの増設は切実な多くの高齢者の願いです。
市が250床の増床計画にとどめたことは問題です。国は、今年度から特養ホームへの入所は原則として要介護3以上に限定し、待機者を減らそうとしています。特養ホームを国に追随して抑制し、入所費用が月額10万円以上もかかる有料老人ホームへの依存を許さず、市に整備目標を引き上げる見直しを強く求めます。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-02-24 11:10 | 市議会活動報告