日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

共産党前橋後援会の前進座観劇と小江戸・川越散策バスツアーに参加

e0260114_17151141.jpg


 5月16日、共産党市後援会で東京の国立劇場での前進座公演と小江戸・川越・蔵の街の散策バスツアーに参加した。
 前進座の演目は番町皿屋敷と文七元結だったが、いずれも嵐芳三郎、藤川矢之輔、中梅之助、嵐圭史など若手ベテランが熱演していて、芝居好きの私にとって、至福の時間を過ごすことができた。日本の古典芸能を守る先進座に共感して集まった、埼玉土建や埼玉の共産党後援会の方々、そして共産党の梅村さえこ衆議院議員と挨拶できたこともうれしかった。
 帰りに、川越市役所のそばの大正・昭和時期に建てられた倉構えの街並みが並ぶ商店街を散策した。前橋市内は、景観を保全することなく次々と区画整理事業で画一的な街並みになって、観光客が訪れるような取り組みには縁がなくなった。川越市は中心市街地の街並みを保存し見事に地元の産業振興に結び付け、多くの観光客が訪れて、にぎわいある街並みを復活させていた。
 山本市長は、大河ドラマ「花燃ゆ」で歴史都市前橋を売り出そうとしているが、これまでの街づくりや文化振興の不十分さの総括をしないままの取り組みでは、観光客も多くは訪れず成功しない。市民が誇りを持てる町づくりが必要。 
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-05-27 17:15 | 近況報告