日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

萩原貞夫県知事誕生で、戦争法案許さぬ意志を示そう!

 現職知事と一騎打ちになった県知事選挙もいよいよ後半戦です。
日本共産党推薦・「憲法を暮らしに生かす県政の会」のはぎわら貞夫知事候補(66)は6月21日、塩川鉄也衆議院議員の応援を受けて、共産党後援会の集会に参加したり、大型店前などで政策を訴え、全力で支持を呼びかけました。
e0260114_14283334.jpg

教え子を絶対に再び戦場に送らない!


 「衆議院憲法審査会で自民党が呼んだ参考人も含めた憲法学者全員が戦争法案は憲法違反と断言しました。日本が攻撃をされていないのに、アメリカが始めた戦争に参戦する集団的自衛権は憲法上できないというのがこれまでの歴代政府の見解。安倍政権の戦争法案のごり押しは重大な憲法違反です。国会では自民・公明党が多数で通そうと思えば通せます。今、急速に反対の世論を盛り上げていくことが大事だと思います。
 知事選挙は自・公が推す現職との一騎打ちです。多くの皆さんと『憲法違反の戦争法案は許さない!若者を戦場に送るな!』という私たちの意思を群馬から示す絶好の機会が今回の知事選挙です」

 暮らし応援の憲政実現のために頑張りぬきます!

e0260114_14294647.jpg

 「今、国保税などを払えない世帯がどんどん増えています。学校給食費の滞納額も増える一方で、県民の生活は追い詰められています。今の県政はそこに温かい目が全然注がれていない。県民の暮らしの苦しさなんてどこ吹く風です。その象徴が380億円もかける高崎競馬場跡地へのコンベンション施設建設計画です。ゼネコン大企業の一部の人がほくほくするような箱モノ行政や土木行政ではなく、県民の暮らしを応援する県政に一八〇度変えるべきです。そのために、国保税や介護保険料の引き下げ、国民年金でも入れる特養ホームの増設、学校給食の無料化、高校卒業までの医療費の無料化、住宅リフォーム助成制度創設の度を実現します。県民の命や暮らしを脅かす、全県に広がる米軍機の無法な低空飛行訓練もオスプレイの飛行もやめさせます」
 「教職員組合では、学力と格差を広げるニセの『ゆとり教育』を押し付ける八九年の学習指導要領の改訂に反対する大きな戦いに参加しました。県内の過半数の自治体の議会で白紙撤回や意見書や決議を上げられました。子どもたちを大切にしない間違った教育行政を正す戦いをしてきました」
 「私には、自分のことより人のことを優先して考えてしまう不器用な、でも誠実なみなさんがいらっしゃるじゃありませんか。知事になるために全力で勝ちにいきます。どうぞよろしくお願いします」と力強く訴えています。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-06-30 14:30 | 近況報告