日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

大規模木質バイオマス発電の会社説明会で不安続出!

関電工の説明会に近隣住民80人が参加! 

 
e0260114_17252820.jpg

 東京電力の関連企業【株】関電工が平成29年稼働をめざして旧宮城村の苗ケ島町に建設を計画している発電出力6700kw(一般家庭の7700世帯分)の間伐材を焼却して発電する大規模木質バイオマス発電の地元説明会が、3日、宮城の東部商工会で開催されました。説明会には、隣接する住宅団地の住民や近隣の農家や大胡地区の住民など約70人が参加、共産党市議団の近藤・小林・長谷川議員も参加しました。(上の写真~関電工に質問する地元住民) 

住民への納得できる十分な説明なし

 会社側の説明に対して住民から多くの質問が出されました。▼放射能で汚染されている間伐材を焼却すれば、放射能物質が濃縮されて拡散するのではないか。▼地下水をくみ上げれば、近隣の地下水の井戸が枯渇するのではないか。▼汚染水を地下浸透で処理すれば地下水汚染の心配がある。▼発電所のタービンによる騒音や間伐材をチップ化する施設の騒音を減らせるのか。▼県内で間伐材が確保できなくなれば栃木や福島の汚染された間伐材が使用されるのではないか・・・・
 住民の不安に十分答えないまま、前橋市からの開発許可があれば計画通り事業を進める関電工の態度は問題です。住民は「会社のあいまいな説明には納得できません。今後も住民説明会を要求します」と述べています。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-10-06 17:28 | 近況報告