日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

戦争法廃止を求める一点で共同し国民連合政府の実現を!労働組合を訪問し対話。

 今私は、市内の労働組合(関東測量労組、富士機械労組、関東森林管理局労組、関東精機労組、日本製線労組、日新電機労組など)を訪問し、国民連合政府の実現のための共同を呼び掛けています。
e0260114_22262624.jpg

 工場に入ると、現場の機械油の臭いや社員食堂のおいしい香りが漂い、額に汗して働く労働者の姿に連帯感を感じます。対応してくれる労組役員の方に、 「安倍自公政権が強行した戦争法は『戦闘地域』での兵站、戦乱が続く地域での治安活動、米軍防護の武器使用、そして集団的自衛権行使…どれもが、憲法9条を蹂躙して、自衛隊の海外での武力行使に道を開くもの。日本の平和と国民の命を危険にさらすこのような法律を、一刻たりとも放置するわけにはいかない。圧倒的多数の憲法学者、歴代の内閣法制局長官、元最高裁判所長官を含むかつてない広範な人々から憲法違反という批判が集中している。このような重大な違憲立法の存続を許すなら、立憲主義、民主主義、法の支配というわが国の存立の土台が根底から覆されることになりかねない。立憲主義と国民主権を取り戻すために、戦争法廃止の一点で共同して国民連合政府の実現をめざそう。日本共産党は野党の選挙協力も努力しています」と訴えて日本共産党の呼びかけ文書と『赤旗新聞』の見本誌を渡しています。

 労組役員はどこでも気持ち良く訴え文書を受け取って、「読ませてもらいます」「組合員に渡します」「戦争のない平和な社会を守らなければいけないと思います」と共感してくれます。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-11-09 22:26 | 近況報告