日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

市民本位の市役所周辺整備を!

党市議団は、現在の図書館の建物を保存して、市議会棟と図書館を級合同庁舎後に合築することを提案!
e0260114_23192297.jpg

議会棟や図書館は市民の意見や要望をよく聞いて、市民合意をめざすべき!
 
昭和40年代から50年代に建設された市役所周辺に散在する図書館本館や市議会庁舎、職員研修会館は、老朽化が進み、耐震強度も弱く、駐車場も狭いため、市民の利便性が著しく低下しています。
 このような現状を打開するため、前橋市は市庁舎周辺整備検討委員会、市議会は同特別委員会を立ち上げ、調査検討を開始しています。
 日本共産党市議団は特別委員会で、「①図書館や議会棟の建設は、市民の意見や要望をよく聞いて、市民合意で進める。②図書館は建築物としての市民の愛着も価値もあるので大規模改修をして残し、レストランや喫茶店など市民や市職員の憩いの場所として利活用する。また、市民団体やボランティア団体の活動拠点として部屋を提供する。③市が取得した県庁前通りの国の合同庁舎(法務局など)の跡地に、中層建物として図書館と市議会棟を合築する。④民間資金の導入手法(PFI事業)は、賃貸・分譲マンションやフィットネス施設など営利を目的にした施設が導入されるので、市役所周辺施設整備としてふさわしくない。国の補助金などを取り入れて市直営で整備する」などを提案しています。

災害時には市民の安心・安全を守る拠点としての機能を備える計画に!
e0260114_23221051.png

 また、「図書館は市民の学習スペースも十分確保するとともに、災害時には防災拠点・避難所としての機能も発揮できるようにすべき。市議会棟は、障害者や子ども連れの市民も含めて誰もが気軽に傍聴できるような施設整備をすべき」と求めています。今後とも、市役所周辺整備についての要望を共産党市議団までお寄せください。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-11-24 23:22 | 市議会活動報告