日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

ひぐち和彦弁護士と富士見と大胡の大雪による被害農家を見舞う

e0260114_923849.jpg
 2月18日からの大雪で市内では41棟のビニールハウスなどの農業施設の倒壊被害が発生しました。21日、樋口和彦弁護士・酒井宏明県議・小林久子市議とともに長谷富士見町と大胡の被災農家を見舞うとともに状況を聞き取りました。小松菜を栽培している富士見町小暮の石原さんは、2年前の大雪でハウスが倒壊し、つい半年前に再建したばかり。今回の降雪で2棟が倒壊し、被害額は数千万円にのぼります。石原さんは「いくらも収穫していないのに、また被災した。残るのは借金だけ」と悔しさをにじませ、農業の継続のための行政への支援を求めました。
 樋口候補らは、「切実な実態を行政に伝え、農業が再建できるように全力を尽くす」と約束しました。
その後、前橋市は26日、5万円の見舞金支給と施設再建費用の3割を補助する復旧支援策を決定しました。
e0260114_925981.jpg

 なお、自然災害における国の復旧支援が被災前の原状回復支援となっており、強度を高める改修部分は自己負担となるため、今回のように再建したばかりの農業用施設が再び被災するという状況となっています。国も自治体も、強度を高めるための支援も合わせて災害復旧支援策に改善する必要があります。
 
[PR]
by hasegawakaoru | 2016-02-10 09:25 | 市議会活動報告