日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

くらし守る前橋市政に転換を!

e0260114_2338566.jpg

      開発優先から福祉優先に!

 山本前橋市長は、長期的な町づくりや財政の見通しも無いまま、上電中央駅とJR前橋駅のわずか900㍍の路面電車導入に30億円もの税金投入を計画。さらに、36億円の運動公園の拡張や47億円の北関東最大規模の「道の駅」、前橋駅前の再開発など、地元の景気回復にも役立たないと市民から批判が上がっている事業に税金を注ぎ込もうとしています。前橋市の予算は高崎市に次いで県内で2番目の1500億円。
 共産党市議団は税金を大型事業よりも市民の暮らしを応援することに優先的に使うべきと主張しています。国保会計に一般会計から繰り入れれば一人あたり数万円の国保税の引き下げが可能と提案しています。学校給食費(一人年間約5万円)の無料化は14億円。予算の1%で実現できます。特養老人ホームの増設や住宅リフォーム助成制度の創設などで、市民の足元から生活を温めて暮らしを守る市政への転換を訴えています。
[PR]
by hasegawakaoru | 2016-12-19 23:39 | 市議会活動報告