日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

岡山県総社市のデマンド交通に学ぶ

e0260114_1113882.jpg
市民に支えられ運行しているデマンド交通「雪舟くん」

 岡山県の倉敷市に隣接する総社市(人口6万6千人)では、新しい公共交通のモデルとして全国の自治体から注目された全市域デマンド交通が運行されています。
 市民が希望する場所から目的地(停留所なし)へ距離に関係なく1人1乗車300円(小学生障害者や要介護・要支援者は200円・未就学者は無料)で送迎する事前予約型の乗合方式のデマンド交通「雪舟くん」(室町時代の同市出身の水墨画家の僧侶の名前が由来)が2011年(平成23年)4月1日から運行されています。8人ないし5人定員の車両9台で市内全域をカバーしています。運行は、委託を受けたバス・タクシー事業者が行っています。

市内事業者も利用拡大を支援

 利用希望者は交通弱者に限定せず、事前登録すれば市民すべてが利用できるようになっています。利用者は徐々に増え、2013年(平成25年)6月には目標としていた「雪舟くん」一日平均利用者250人を突破しました。買い物や通院などの外出で、市民の身近な交通手段として定着しています。市内の商業施設や病院などの事業所は、バスの待合所の設置や予約の代行などで運行を支援しています。たとえば、おかやまコープは「雪舟くん」で来店した方が購入した商品を、その日のうちに自宅へ無料配送するサービスを開始しています。「雪舟くん」利用で来店の方に月に1回、お買い物券(100円×3)を進呈しています。デマンド交通の運行に合わせて、市民合意で路線バスの昼間の本数を減らしたり、巡回バスの一部廃止などが行われましたが、前橋市のようなタクシー料金助成制度にはしていません。大いに学ぶべきです。
[PR]
by hasegawakaoru | 2017-04-27 11:13 | 市議会活動報告