日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

日本共産党創立95周年・歴史に立ち未来切り開く

e0260114_15385297.jpg


これからも日本共産党への一層のご支援をお願いいたします!

 日本共産党が躍進し自民党が歴史的大敗を喫した東京都議選、画期的な核兵器禁止条約の採択など、大きな激動のなか、日本共産党は1922年11年)の7月15日の創立から95周年を迎えました。

戦前の戦いの先駆性
 
 戦前の日本は、「天皇絶対」の専制政治。国民の自由な発言は許されず、異論を唱えれば容赦なく弾圧されました。そんな暗黒政治の時代でも、日本共産党は侵略戦争と植民地支配に反対し、反戦平和・自由と民主主義のために命をかけてたたかい抜きました。多くの先輩が、逮捕投獄され、拷問で虐殺されました。戦前の勇気あるたたかいの先駆性は、日本が敗戦の際受け入れた「ポツダム宣言」で、あの戦争は侵略戦争だと認定され、戦後の憲法に戦争放棄、主権在民が明記されたことなどに、はっきり証明されています。

歴史の逆流許さず

 今の安倍政権の憲法改悪の動きは、日本国憲法下でつくられた戦後日本のあり方を根本的に変える歴史の大逆流に他なりません。現代版治安維持法ともいえる「共謀罪」法の強行、国のために命をささげることを求めた「教育勅語」復権など戦前への復活や森友・加計学園などの国政の私物化や問答無用の強権的な政治手法は、保守の人からも強い批判が表明されています。このような中、4年前の70%の安倍政権の支持率は、今や30%を切って急落しています。それでも今もなお、安倍政権は国民の批判に無反省のまま、民意を無視した強権政治を変えず、憲法9条改憲をめざして秋の臨時国会に改憲案を提出しようとしています。
都議選挙での日本共産党の躍進は、安倍暴走政治と正面から対決する共産党への期待の表れです。今多くの方から、安倍政権打倒へ向けて、市民と野党の共闘をさらに前進させてほしいという強い期待が寄せられています。

日本共産党を強く大きく

 国民多数の願いに背を向けた安倍政権の暴走政治は、8月の内閣改造などの小細工では国民の批判をかわすことはできません。市民と野党の共闘を一層発展させて、安倍政権を一日も早く倒し、野党連合政権を実現するために全力を尽くします。
 そのためにも、一人でも多くの方に日本共産党に加わっていただくとともに、激動の情勢の下で真実を伝え暮らしと平和を守る展望を示す、しんぶん『赤旗』日曜版とともに、毎日お届けする日刊『赤旗』も合わせてご購読いただくことを心からお願いいたします。

[PR]
by hasegawakaoru | 2017-08-01 15:39 | その他