日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

デマンドバスは高齢者がもっと利用しやすい運行形態に!

e0260114_1613223.jpg


富士見地区の千人余の住民がデマンドバスの運行形態の改善を陳情

 富士見地区の「るんるんバスの運行改善を求める会」(下田嘉丈会長・岩崎始)は7月1日、1032名の署名を添えて、山本市長にデマンドバスの運行改善の陳情書を提出し、市当局と懇談しました。会は5人が参加し、当局は中島副市長、藤井政策部長、細谷政策課長が出席。共産党市議団は、長谷川・中道。小林議員、共産党のたなはし世津子衆議院群馬1区予定候補も参加しました。(上の写真)

高齢化の急速な進行に対応する運行改善を

 同会が市に要望した3項は次の通りです。①現在、富士見地区を停留所方式で運行している中型のバスをワゴンタイプの普通車に変えて、タクシーのように自宅まで迎えに行って目的地に行く「ドア・ツー・ドア方式」に改善する。②現在、富士見地区内に限定している(ヤオコー関根店・北関東循環器病院へは運行)運行区域を拡げて、群馬大学病院・日赤病院・心臓血管センターなどの大病院や市役所・JR前橋駅や大型商業施設などに直接行けるようにする。③タクシー運賃助成のマイタクは、タクシー事業者への委託費を増やし、片道500円以下で距離に関係なく目的地に行けるよう改善してほしい。
 この要望に対し市当局は、①現在るんるんバスの停留所は160カ所。必要に応じて増設や移動も行っている。ドア・ツー・ドア方式は小型車両の購入や運転手の確保なども必要となるので、財政的に困難。②運行区域を富士見地区内に限定しているから210円で利用できている。タクシーや路線バスもあり、運行区域を拡げることは困難。③マイタクは75歳以上の4割が登録し、28年度は延べ22万回の利用があり好評。助成額を増やすことは、財政的にも困難。公共交通全体の運行状況を見ながら県としたい。と答えました。
 下田会長は「山本市長は200円で利用できる全市域の乗り合いタクシーを公約している。財政を確保して、高齢者の強い要望に応えてほしい」と求めました。中島副市長は「高齢化への対応は重要。陳情の趣旨を市長に伝える」と答えました。

[PR]
by hasegawakaoru | 2017-08-01 16:02 | 市議会活動報告