日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

岡本太郎の「太陽の鐘」の設置について

e0260114_1622857.jpg



「観光資源」にするなら、事故防止に十分配慮した安全設置を


 市の設置負担は約3000万円

 前橋市内企業が参加するまちづくり支援団体「太陽の会」(会長・田中仁ジンズ社長)は、(株)日本通運から寄贈される芸術家の岡本太郎氏(1911~96年)が制作した造形作品「太陽の鐘」を前橋市に寄贈します。老朽化し破損した太陽の鐘と鐘をつるすオブジェは「太陽の会」が約3千万円かけて修復し、設置場所の整備は約3千万円(9月補正)で市が負担します。市は千代田町の広瀬川河畔に設置して観光スポットにすると表明してきました。22日に開かれた建設水道常任委員会で、これまでの設置設計を変更し、安全とバリアフリーに配慮した設置に向けた修正デザインを示しました。長さ24㍍の突き棒をつるす特徴的な外観で、広瀬川沿いの市有地に幅6㍍、奥行き40㍍、高さ1.5㍍の細長い丘を造成し、木々を植栽しその上に6㍍のオブジェに鐘を吊るします。

事故の危険性を指摘!

 私は、「そもそも広瀬川の狭い遊歩道への設置が設計を難しくしている。芸術性を強調しているが①鐘を突く棒が24㍍・重さ800㌔は危険。子どもたちが付き棒にぶら下がって事故が起きる心配はないのか。②鐘を突く際に鐘と付き棒の間に挟まれる事故は起きないのか、③園路はわずか1.2㍍。車いすはすれ違えないのではないか」などと質問し、観光スポットとするなら、事故が起きないように十分な安全対策を講ずるよう強く求めました。

e0260114_1672537.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2017-08-31 16:08 | 市議会活動報告