日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

総選挙の争点は平和を壊す安倍政治を退場できるかどうか!

 衆議院解散の28日、高崎駅前で訴えた塩川鉄也衆議院北関東比例候補とたたなしせつ子群馬1区・北関東比例候補が訴えた内容をご紹介します。

安倍自公政権を退陣に追い込む歴史的チャンス

 安倍政権が強行した臨時国会冒頭の解散は、前代未聞の暴挙です。安倍政権とその与党に厳しい審判を下し、日本共産党の躍進で安倍政権を退陣に追い込みましょう。今回の総選挙は安倍暴走政治をこのまま続けていいのかが最大の争点です。この5年間、憲法をこれだけないがしろにした政権はかつてありません。
2013年12月、国民の目・耳・口をふさぐ秘密保護法を強行。2015年9月、「憲法9条のもとでは集団的自衛権の行使は許されない」という、戦後半世紀にわたる政府の憲法解釈を百八十度ひっくり返して、安保法制=戦争法を強行。そして今年6月、国民の心を罰する共謀罪法を強行しました。すべてが憲法違反の法律です。今度の総選挙では、三つの違憲立法をまとめて廃止する、その審判を下していこうではありませんか。
 国民の民意をこれだけ踏みつけにしてきた政権も戦後初めてです。沖縄県民の圧倒的多数が「新基地建設をやめてくれ」と何度も選挙で審判を下したにもかかわらず、強権につぐ強権で、辺野古の新基地建設を強行しています。どの世論調査を見ても、国民の5割から6割は原発の再稼働に反対しているにもかかわらず再稼働をごり押しし、福島原発事故を起こした東京電力の柏崎刈羽原発まで再稼働を進めようとしています。再稼働を許さず、原発ゼロの日本をめざそうではありませんか。
 大企業と富裕層応援の経済政策・アベノミクスは、格差と貧困を拡げています。消費税の8%増税が家計を直撃し個人消費を冷え込ませています。そのうえ、医療・介護・年金などあらゆる社会保障が改悪され切り捨てられています。労働者派遣法改悪も強行し、総選挙後は、残業代ゼロ法案の提出も狙っています。消費税10%増税を中止させましょう。
暴走政治の行きつくはては、国政の私物化です。首相夫妻のお友達なら、特別の便宜がはかられる。国有地を異常に値引きし、獣医学部を特別に新設する。こんなことがまかり通ったら、日本は法治国家とは言えなくなってしまいます。この重大疑惑は絶にあいまいにするわけにはいきません。今後も徹底的に真相究明を求めようではありませんか。
 憲法を壊し、民意を踏みつけ、国政を私物化する数におごった安倍政権に、退場の審判を下し、政治を国民の手に取り戻そうではありませんか。日本共産党はこのたたかいの先頭に立って頑張りぬく決意です。

「希望の党」は戦争法を容認自民党の補完勢力
 
 民進党を吸収・合併する「希望の党」は自民党政治の中枢にいた人、民進党にいて野党共闘に反対して党を出た人、ウルトラ右翼の流れの人たちが一緒になって作った政党です。憲法違反の安保法制=戦争法を容認し、9条を含めて憲法改定を進めると公言しています。自民党の補完勢力であることは明らかです。
 わが党との共闘や連携の対象とはなりません。 共産党は独自候補を擁立して戦い
抜きます。ご支援をお願いします。

民進党は、公党間の合意や市民連合との合意を裏切る許せない背信行為

 民進党の前原代表の『希望の党』への合流方針は、2年間の野党と市民との共闘の積み重ねを否定するものです。安倍政権を倒すために、国政選挙でできる限りの協力を行う、安保法制を廃止し立憲主義を回復する――こうした4野党間の繰り返しの合意と参議院選挙や新潟知事選や仙台市長選の勝利の成果を一方的に反故にするものに他なりません。国民を裏切る重大な背信行為です。
「大義の旗・共闘の旗」を掲げ続ける日本共産党の躍進のためにご支援を
 日本共産党は、一時的には、逆流によって共闘が後退したとしても、長い目で見れば、市民と野党の共闘の流れにこそ未来があるという展望をもっています。これまで市民と野党の共闘が掲げてきた「大義の旗」――安保法制=戦争法廃止、立憲主義回復をしっかり掲げてまいります。総選挙で日本共産党が躍進することこそ、市民と野党の共闘をさらに発展させ、そして日本の政治を良くする道だと確信しています。大激戦に勝ちぬくために、比例代表は日本共産党、群馬1区はたなはしせつ子へのご支援をお願いいたします。
e0260114_18493762.jpg

[PR]
by hasegawakaoru | 2017-10-10 18:39 | 選挙