日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

住民の切実な願いが届く行政に!

e0260114_17335861.jpg


 上武国道が3月19日に全線開通してから8カ月。確かに便利になった面もあるが、日輪寺町や川端町では、静かな町が一変し、とくに夜間は大型トラックが多数通行し高速道路の傍の騒音の中で暮らすような街になった。しかも、今まで自由に通れていた大堰川沿いの市道が閉鎖され遠回りしなければならなくなった。上武道の下を通過するトンネルの出口で側道から出てきた車と衝突する人身事故も繰り返し起きている。桃川小学校の前を通過する県道が上武国道まで延伸され、上武の高架橋の下に県道を照らす照明灯が設置されたが、照明灯が付近の住民の家まで照らすために、夜間も昼間のように明るすぎて安眠できなくなっている。横断歩道のない側道も多く、市民のウォーキングも危険となっている。これまでに、自治会長とも連携し、前橋市や県前橋事務所に再三にわたって改善対策を申し入れているが、いくら待っても実現しない。
 先日、酒井宏明県議と県土木事務所に行き対策工事の促進を再度申し入れ、市の道路管理課長にも促進を求めた結果、28日(火)の午後2時に大堰川を渡る上武道路の高架橋の下に、国・県・市の担当者が集まって、現地の確認をすることとなった。用地を買収して国道や県道を新設するときには、「生活道路の安全対策を十分講ずる」と言いながら、完成すれば住民の声を無視し要望に応えない。こんな官僚的な行政は変えなければならない。
[PR]
by hasegawakaoru | 2017-11-22 17:34 | 近況報告