日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

カテゴリ:平和( 1 )

 安倍首相は「戦後70年談話」の冒頭で、「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」と述べています。
 この一節は朝鮮の人々の心を逆なでしたと思う。朝鮮は日露戦争の直後の1905年に強制的に日本の保護国にされ、5年後には「韓国併合」によってその後の36年間日本の支配下に入れられた。言語も姓も歴史も否定され、人権が侵害され、抗日運動は苛酷に弾圧された。日本が朝鮮半島の植民地化を進めた日露戦争を逆さまに描く談話が、いかに歴史を歪曲しているかが分かる。
e0260114_11111072.jpg

 談話発表後の記者会見でも安倍首相は「どのような行為が侵略にあたるか否かは歴史家の議論にゆだねるべき」と答えている。8月24日の予算委員会での山下芳生党書記局長が「ポツダム宣言は日本の戦争を世界征服のための侵略戦争と規定している」と指摘して見解を求めても、安倍首相は「ポツダム宣言を受け入れて敗戦を迎えた」と繰り返すだけで、「侵略」と認めることを拒否した。
 歴史の事実を認めない安倍首相が、「戦争法案は憲法違反ではない」と強弁している。戦争法案が成立すれば、自衛隊が米軍と肩を並べて戦争をすることになるのに、「自衛隊員のリスクは今と変わらない、安全は確保できる」と国民をごまかしている安倍首相の態度はあまりにもひどすぎる。絶対に許せない。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-08-26 11:15 | 平和