日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0260114_10394656.jpg


 前橋市議選(定数38、立候補40)が17日、投開票されました。安倍自公政権発足後、初の県都での市議選で、各党とも参院選の前哨戦と位置づけて大激戦を展開。日本共産党は「4氏の全員当選で自公政権の暴走に審判を」「大規模開発優先やめ、福祉や暮らし応援の市政を」と訴えました。
長谷川薫市議は3006票を獲得。21位で当選し、4期目の議席を確保しました。投票率が前回よりも10%も低下した中、長谷川市議は前回より484票得票を増やし、前回31位の順位を大きく引き上げました。
 日本共産党は、現職の中道なみ子、小林ひさ子、近藤よしえ議員も当選し、4人全員の当選を果たし、引き続き議案提出権を確保しました。4人の得票総数は12511票、得票率10・17%で、いずれも前回を上回りました。
e0260114_1045185.jpg


 日本共産党は、市民の声に背を向けて、市長の言いなりに大規模開発を推進する「オール与党」を告発。くらし応援・地元業者の支援・税金のムダづかい一掃を掲げ、▼国民健康保険税・介護保険料引き下げ▼小中学校の給食費無償化拡大▼住宅リフォーム助成制度の改善▼富士見で実現したデマンドバスの運行区域の拡大など、切実な市民要求を実現させようと訴えました。

 参議院選挙でも日本共産党へのご支援を 

 厳冬期の選挙戦の間、私の再選にむけてご支援いただいた多くの皆さんのご労苦にお応えするため、今後とも市議選公約実現の先頭に立つとともに、困ったときの身近な相談相手としても全力を尽くします。夏の参議院選挙でも、平和と暮らしを守る日本共産党へのご支援をどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by hasegawakaoru | 2013-02-26 10:50