日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

比例は「日本共産党」・群馬1区は「たなはし世津子」さんのご支援を
e0260114_22124854.jpg

 群馬1区候補に決まったたなはし世津子氏が次のように決意を述べています。
「解散総選挙が決まりました。国民いじめの政治を変えるチャンスです。国民が声を上げれば政治が変わることを沖縄知事選挙が示しました。翁長知事の勝利に続いて、総選挙での日本共産党の躍進で、消費税の10%増税は、先送りではなく断念させましょう。戦前から命がけで戦争に反対してきた日本共産党が躍進してこそ、安倍内閣が狙う戦争する国づくりをストップできます。政党を選ぶ比例区は日本共産党、群馬1区は私・たなはし世津子へのご支援をよろしくお願いします」
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-11-20 22:13 | 近況報告
e0260114_2285838.jpg

 歴史的快挙だ!本当にうれしい。沖縄知事選挙では、日本共産党が全力で支援した翁長市が10万票もの大差で圧勝した。県民との約束を投げ捨て名護市辺野古に米軍の最新鋭の基地建設を容認した仲井真知事への怒りの審判だ。沖縄県民の良識に心から感謝したい。日本の国土面積のわずか0.4%の沖縄県に日本の全米軍基地面積の76%が集中している。 「これ以上の事故や犯罪が多発する基地の苦難を押し付けないで欲しい」という県民の願いは当然だ。
 安倍政権は国民に追い詰められて衆議院を解散した。日本共産の躍進で暮らしも平和も脅かす暴走政治をストップさせよう!
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-11-20 22:09 | 近況報告
国言いなりやめて、暮らしや福祉充実の願い実現を!
e0260114_2242137.jpg

  デマンド交通・特養施設増設などを急いで!


 日本共産党前橋地区委員会と党前橋市議団は13日、来年度の予算要望書を山本市長に提出し懇談しました。酒井宏明県議も長谷川薫市議などと共に参加しました。
 市長には「平和や暮らしを脅かす安倍政権の暴走政治に追随せず、市民の福祉の増進のために全力を尽くして欲しい」と強調し、14項目の重点要望と144項目の各分野の要望を提出し実現を求めました。
 私は「高齢者などの通院や買い物を支援するための全市デマンド交通は、県にも財政支援を求め委託費を十分保障すれば低料金の運行は実現できる。市長自らの公約であるので、わずかなタクシー料金助成制度でお茶を濁さないでほしい」「国保税や市税を滞納した市民に対し、暮らしの実態を十分把握しないまま、年金や売掛金、給与や生命保険を次々と差押える滞納整理はやめてほしい。滞納者を『悪質』と安易に決めつけず、市民の暮らしに寄り添うべき。ていねいな納税相談をしなければ市政への信頼が失われる。『差押え先にありき』は直ちにやめるべき」と強調しました。
 さらに党市議団は「特別養護老人ホームの入居待機者が市内に1300人もいるのに、来年から3年間の第6次介護事業計画では180人の増設計画にし、前期より50人分も減らそうとしているのは問題。公約通り待機者解消に結びつく増設計画にすべき」「子ども・子育て支援法が来年4月から始まり、これまでの保育水準が後退し、保育料の値上げが懸念される。安心して子育てができるよう、民間参入や無資格者による保育を拡大しないで」と求めました。

酒井宏明県議も要望

 酒井宏明県議は「高崎競馬場跡地に280億円もの大規模なコンベンション施設がつくられれば、前橋のグリーンドームや市内のホテルなどの経営にも重大な影響を与える。県に計画の中止を求めてもらいたい。大同特殊鋼の危険な鉄鋼スラグが富士見地区の市道や上武道路に使われている。早期完全撤去と費用負担を県や同社に求めてほしい」と要望しました。 
e0260114_2252621.jpg

 市長は、「アベノミクスの効果は市民や小規模事業者には届いていないと思う。市民の暮らしが大変なので要望書を十分検討し、来年度の予算や施策に反映したい」と答えました。
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-11-20 22:06 | 市議会活動報告
e0260114_214558100.jpg

 JA前橋の「農業まつり」に参加した。今年の収穫を喜び合う農民と消費者の祭りだ。しかし、今年の米価は大暴落している。1俵60㌔1万8千でなければ農家は再生産できないのに、7千円にまで落ち込んでいる。輸入米がダブついていること原因なのに、政府はTPP協定の早期妥結を急いでいる。関税をなくせば、大量の農畜産物が輸入される。食料自給率は27%まで落ち込み、食の安全も奪われる。
多国籍企業のもうけのために、農業を壊滅させる安倍自公政権は亡国の政治だ。平和も暮らしも脅かす政権は直ちに退場してもらおう!
 来春4月の県議選挙は、怒りの意思を示すチャンスだ。酒井宏明県議へのご支援をよろしく。
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-11-20 21:46 | 近況報告
市民の福祉増進と市民サービス向上のための改革をすぐに!

e0260114_21401256.jpg


 「行財政改革」は、財政の浪費なくし、福祉の増進や市民サービスを向上するために行うべきです。ところが、前橋市は国の言いなりになって、人件費削減を最優先しています。正規職員を次々と減らして、生活保護の窓口面接員、学校介助員・支援員、学童や児童館の指導員、保育士、小中学校教員に嘱託や臨時職員を雇用しています。また、水道施設の保守管理、図書館窓口の貸出業務、市営住宅の管理、学校給食の調理など、本来市が行うべき重要な業務を民間委託し、市営温泉施設や駐車場などの運営を、指定管理者に任せています。ワーキングプアーともいえる低賃金職員による行政は、置き換えて、市民サービスの質が低下することは明らかです。市民本位の行財政改革に転換すべきです。改革の課題はたくさんあります。

区画整理事業の見直しを


 区画整理事業は昨年度14地区が同時施工となり、毎年60億~70億円もの事業費を投入しているにもかかわらず事業が遅れて長期化し、家屋の移転や道路や下水道整備が進まず市民生活に大きな支障が生じています。
 幹線道路整備を最大の目的とし、多額の税金を投入する区画整理事業は年金暮らしの高齢者や低所得者を含め、地域住民全体を巻き込んで25㌫ の土地のただ取り・減歩を強制し、地価が下がり続けているために、事業完了後の土地の評価額も高くはならず、時代の趨勢に合っていないことは明らかです。人口減少、少子高齢化社会を迎える今こそ、新規事業を抑制し、すでに着手している事業も含め抜本的見直しが必要です。

市営住宅の適正管理を

 長寿命化が求められている市営住宅は、修繕予算が少なすぎるために、老朽化が急速に進んでいます。給排水設備の老朽化による水漏れ事故や外壁の崩落や階段部分の塗装のはがれがどの団地でも進んでいます。芳賀団地などは特にひどく、塗装が剥がれ、鳩の住みかになるなどスラム化しているため、入居希望者が少なく、半数近くが空き家となっている棟もあります。市有財産が有効活用されていない問題にこそ改善のメスを入れるべきです。

生活保護の窓口は正規職員を


 市は、生活保護の相談窓口に3名の警察官退職者(現在2名)を配置しています。長年の職業経験から保護申請者を取り調べるような対応になりかねません。生活保護の申請権を侵害しないためにも適材適所の配置とは言えません。相談窓口は、正規職員もしくは市役所のOB職員に置き換えるべきです。

もっと親切な市役所窓口に

e0260114_2141339.jpg

 市民から「どこの窓口に行ったらいいのかわからず困った」「膝が痛いのに複数の窓口を行ったり来たりで大変だった」「別の窓口で同じことをまた説明するなど時間がかかった」などの声が出ています。
 仕事を休むのもままならない労働者や高齢化が進んでいるだけに、親切で市民に分かりやすい窓口サービスが求められています。長岡市のように市民総合窓口を開設し、市民をたらい回しせず、各種行政手続きのワンストップサービスを提供すべきです。
[PR]
by hasegawakaoru | 2014-11-20 21:41 | 市議会活動報告
「赤旗まつり」に全国から15万人、前橋からもバス7台で参加

「みんなで歌って学んで食べて交流して、希望がふくらんだ」「たくさんの勇気と元気をもらった」「大勢の人のパワーに圧倒された」―。
 東京都江東区の夢の島公園で一~三日まで開催された第41回赤旗まつりは3日間で約15万人が参加。前橋からも長谷川市議区域の後援会などがバス7台で参加し、来春のいっせい地方選挙と国政選挙で日本共産党が躍進して、「亡国の政治」を続ける安倍政権を打倒しようと決意を固めあいました。

日本の未来は、暴走政治に立ち向かう「日本共産党の躍進」で
e0260114_2254422.jpg

 野外ステージを立すいの余地もないほど埋め尽くした参加者に、志位和夫委員長が「この党を大きくすることに日本の未来はかかっている」と題して約1時間の記念演説。
 「安倍政権は、集団的自衛権、消費税大増税、原発再稼働、沖縄新基地建設に反対する国民多数の声に耳を傾けず、問答無用の強権政治を続けている。国民みんなの力で打倒に追い込もう」と呼びかけると、参加者から「よーし」の声と拍手が湧き起こりました。
 さらに、「とめどなく広がる閣僚の『政治とカネ』疑惑はカネの力で政治をゆがめる古い金権体質を示しており、一連の政治腐敗の元凶に企業・団体献金と政党助成金がある」と指摘。「導入から来年20年になる政党助成金は、カネに対する感覚をマヒさせ、政治腐敗を加速させ、日本の民主主義を破壊している。憲法違反のこの制度を撤廃する国民的運動を起こそう」と力を込めました。
 いっせい地方選、国政選挙に勝利し「日本の政治の希望ある未来を開こう」と呼びかけると、割れんばかりの拍手と歓声があがりました。
e0260114_225775.jpg
 
 志位さんに続いて登場した八代亜紀さん。たくさんの聴衆を見て「すごい人。こんにちは。私、晴れ女なの」と話し、ジャズや「雨の慕情」「舟唄」などを熱唱。大きな喝采を浴びました。歌い終えた八代さんが「みんな一緒にがんばろう。元気でね」と繰り返し聴衆に声をかけると拍手が沸き上がりました。一筋に歌い続けている八代亜紀さん、絶対に国民を裏切らず、平和と暮らしを守り続けいる日本共産党の志位委員長。二人とも笑顔が素晴らしかった。

「死力を尽くして戦い抜く」と酒井ひろあき県議が決意表明
e0260114_22573742.jpg

 来春の4月12日投票にせまった県議選挙での再選をめざす酒井宏明県議も群馬県テントで決意表明。「群馬県議会も憲法改正促進の意見書を採択するなど安倍政権に追随。八ッ場ダムや幹線道路やコンベンション施設などの開発優先の県政のもとで、特養待機者八千人、全国で四番目に高い国保税負担など福祉や教育は後回し。何としても勝ち抜いて県民の命と平和を守り抜く」と支援を訴えました。中央ステージでも山下芳生書記局長から紹介されました。
[PR]
by HASEGAWAKAORU | 2014-11-04 23:01 | 近況報告