日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山本市長は軍国主義的教育の復活を目指す「教育再生首長会議」から退会すべき

 戦後七十年の今、大多数の市民が、「二度と戦争を繰り返してはならない」という思いを新たにしています。ところが、日本は今、「憲法9条にもとづく平和国家」か、それとも「自衛隊を海外に派兵する戦争する国づくり」か、という重大な歴史的岐路に立っています。
安倍自・公政権は、閣僚の靖国神社への参拝を容認し、秘密保護法の制定、武器輸出禁止三原則の廃止、集団的自衛権の行使を認める閣議決定などを、矢継ぎ早に強行しています。そして今年の防衛予算は、過去最高の5兆円を計上し、五月には集団的自衛権行使のための法律案を通常国会に提出し、来年の参院選後には、憲法9条の改正作業に入ろうとしています。
 また、安倍首相は植民地支配や侵略戦争を謝罪した「村山談話」や従軍慰安婦を旧日本軍の関与と強制を認めた「河野談話」を見直す新たな「談話」を発表すると表明しています。

 「戦争か平和か」の重大な歴史的岐路
 前橋市の教育への政治介入は許せない

 山本龍前橋市長は2014年6月に結成された「教育再生首長会議」に参加しています。この「教育再生首長会議」は、安倍政権が国政レベルで進める「教育再生」と連動して結成された地方版です。超タカ派出版社である「育鵬社版」などの戦争賛美・憲法破壊の歴史や公民の教科書の採択を強力に推進することを主要な運動方針にしており、全国の教育委員会で10%台まで採択させようと主張しています。日本のあの侵略戦争を正義の戦争だったとして180度真逆に子どもたちに教えようとする極めて右よりの団体です。だからこそ、全国1700以上の自治体首長の中で、この「教育再生首長会議」に参加しているのはわずか70人ほどにとどまっているのです。
 私は3月議会で市長に以下の通り、「教育再生首長会議」から退会すべきと強く求めました。「日本は戦後一貫して、教育行政は住民自治の教育委員会が担ってきた。戦前の国家主義教育が侵略戦争につながった反省から、行政権力は教育条件整備をもっぱら担い、教育内容には介入しないことを原則としてきた。ところが今、安倍首相が教育再生を掲げ、文部科学大臣が戦前の教育勅語を再評価するなど道徳教育や愛国心教育を強調し、今年度から教育委員会制度を改悪した。自治体首長に教育行政の決定権を持たせ、教育委員会への権力支配が強められた。『教育再生首長会議』は、再び戦前のように、時の政治権力の意志を色濃く教育に反映することをもって、「教育再生」と称している右翼的な運動団体であり、山本市長の積極的な参加(幹事として参加)は問題だ。市民の不安にこたえるためにも直ちにこの団体から退会すべき」と求めました。
e0260114_2215034.jpg
       (戦前は、竹やりで人を殺す軍事教練まで子どもたちに強制された。)

市長は退会を拒否

 市長は「今後も教育問題の勉強をしたい。成果を議員に報告したい」と述べ、歴史をゆがめる教育の推進をめざす「教育再生首長会議」からの退会を拒否しました。

文科省の反動的な教科書検
 

 4月6日、文科省による教科書検定の結果が発表された。日本軍国主義による侵略戦争であったアジア・太平洋戦争を「自存自衛」「アジア解放」のための戦争だったと描く、歴史を偽る歴史教科書、憲法の平和的民主的原則をゆがめて描く公民教科書が引き続き合格となり、自民党などがその採択を進めようとしていることはきわめて重大だ。
 今回の検定は、安倍政権が検定基準を改悪したもとではじめて行われたが、そのなかで、日本軍「慰安婦」を記述しようとした教科書の記述の大幅削除などがおきていることも見過ごせない。これらは「日本は正しい戦争をやった」という安倍首相らのゆがんだ歴史認識を、教育を通じて社会に持ち込み、日本を世界とアジアから孤立させるものだ。
 日本共産党はこうした逆流を許さないため国民とともにたたかい、「村山談話」「河野談話」で政府が表明してきた過去の誤りへの反省の立場を、教科書に誠実かつ真剣に反映させるために奮闘すると表明している。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-04-21 22:06 | 市議会活動報告
暴走政治ストップの審判が示される!

 赤旗読者・後援会員の皆さん、今回の県議選挙では酒井宏明県議への大きなご支援をいただきまして大変ありがとうございます。大激戦の中で、前回の得票を3,180票増やして6位で当選を果たすことができました。(下の選挙結果参照)
 少数激戦を勝ち抜いた酒井県議は、当選を祝福する多くの支持者としっかり握手を交わし、「安倍自・公政権の憲法9条を投げ捨て戦争する国づくりを進める政治を絶対に許しません。消費税増税や社会保障制度の改悪をやめさせましょう。大規模開発優先で福祉や暮らし後回しの大沢県政も変えましょう!という訴えに、多くの有権者の皆さんから共感していただいた結果です。国保税や介護保険料の引き下げや特養老人ホームの増設、学校給食の無料化や30人学級の実現、全市域デマンド交通の早期運行などの公約実現に全力を尽くします」と決意表明しました。
 県内では伊勢崎市区の長谷田直之候補の議席は獲得できませんでしたが、高崎市区の伊藤祐司県議は5位で当選し2議席を確保しました。全国的にも共産党は、県議も政令市議も大躍進し、昨年の総選挙に続いて、「平和や暮らしを脅かして暴走する安倍自・公政権の悪政は許さない」という審判が下されました。
e0260114_2136514.jpg

2015年4月12日投票・県議選挙結果 
(当日有権者・272,214人 投票率・42.13% 有効投票数・113,014票)


 順 位  候補者  党派等  得 票 数  得票率  前回得票   増 減
 1 当 岩上 憲司  無現④16,387  14.50  17862    -1475
 2 当 中沢 丈一  自現⑦15,238  13.48  15721     -483
 3 当 水野 俊雄  公現③15,014  13.29   14901      113
 4 当 小川  晶  民現②14,885  13.17  10818      4067 
 5 当 狩野 浩志   自現④12,698  11.24  12906      -208
 6 当 酒井 宏明  共現②12,315  10.90   9135     3180
 7 当 本郷 孝明  無新① 9,132   8.08   6102    3030
 8 当 安孫子 哲  自現② 9,010   7.97   9295     -285
 9 落 萩原 祐司   自新 8,335   7.38


 全国的にも共産党が大躍進!


 今回選挙が行われた41の道府県議会で日本共産党はすべてで議席を確保し、選挙前の75議席から36議席増やして111議席を獲得。秋田・栃木・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・福岡の議席空白も克服しました。政令指定都市の市議会議員選挙でも35数議席増やし大躍進しました。
 前橋の県議選挙でも、多くの党員や後援会員が候補者や私たち市議会議員と街頭宣伝に立ち、ビラを配り、電話をかけ、知人友人に共産党への支持を必死に呼びかけました。「二度と戦争を繰り返えしてはならない、年金を減らし消費税を増税して庶民を苦しめる悪代官のような安倍政治は許さない」と、多くの方々に訴え頑張りぬきました。選挙結果では、自民候補は全員が前回より得票を減らしました。
 バラ園駐車場で訴えていた時に、「これまで親の言うままに自民党を応援してきたけれど、これからは日本共産党を応援し続けます」と酒井議員への支持を約束してくれた女性の澄んだ目が忘れられません。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-04-13 21:42 | 選挙
 桜や桃の花が満開の市内各所で、酒井ひろあき県議候補の支援の演説を確認団体の宣伝カーでしました。多くの方々が、「日本共産党に頑張ってほしい」「戦争を二度としたらダメ」「年金を減らさないで」「弱者の味方の共産党に頑張ってほしい」と激励していただきました。
 少数激戦の中、酒井ひろあき候補も、連日大奮闘しています。かけがえのない日本共産党の前橋の1議席です。みなさんのお力添えを心からお願いいたします。私が訴えた内容は以下の通りです。ぜひご覧ください。
e0260114_2019253.jpg

日本共産党の酒井ひろあき県議候補の再選のために、ご支援をお願いいたします!

●日本共産党の前橋市議会議員・長谷川薫です。
只今よりご当地をお借りしまして、県議選挙を全力で戦いぬいております酒井宏明・酒井宏明県議候補の政策を訴えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
●みなさんの暮らしや営業はいかがでしょうか。今、安倍政権が進める消費税増税や大企業応援のアベノミクスによる物価値上げが庶民の暮らしを苦しめています。労働者の実質賃金も22カ月連続減り続けています。高齢者は、受け取る年金が繰り返し減らされ、国保税や介護保険の負担増で暮らしが脅かされています。その上、自民党と公明党は、二度と戦争はしないと誓った憲法9条を投げ投げ捨てて集団的自衛権の閣議決定を強行し、海外で戦争をする国づくりを進めています。多くの皆さんが、これからの暮らしや日本の将来を心配されているのではないでしょうか。
●このような中で行われた昨年暮れの総選挙で21議席に大きく躍進させていただいた共産党は、今、国会でも地方議会でもこのような阿倍政権の暴走政治と正面から対決し、平和と暮らしを守るために全力を挙げています。今回のいっせい地方選挙でも、共産党を伸ばしていただいて、暴走政治ストップの審判を下そうではありませんか。
●再選をめざしていま、全力を上げている共産党の酒井宏明候補は、前回の県議選挙で当選して以来4年間、皆さんの要求実現の担い手として、また身近な相談相手として全力を挙げてきました。昨年の大雪で被災された農家への復旧支援、道路に敷き詰められている有害な鉄鋼スラグの除去、米軍ジェット機の低空飛行訓練の中止、若者を使いすてるブラック企業の根絶などで大きな成果を上げました。農業を崩壊させるTPP交渉からの即時撤退を求めるとともに、原発の再稼働反対の運動の先頭に立ち、生活道路や河川の改修や信号機の設置などにも取り組んできました。酒井候補は、県議会になくてはならないかけがえのない議席です。
●地方自治体の一番の仕事は、住民福祉の増進です。長引く不況で苦しむ県民を応援する県政が切実に求められています。
ところが大沢自民党県政は今、福祉や暮らしを後回しにして、大型開発を最優先しています。水害防止対策にも役立たず、水も余っているのに巨額の税金を投入する八ッ場ダムを推進し、高崎競馬場跡地に前橋のグリーンドームの4倍ものコンベンション施設・大規模な展示場・国際会議場建設を計画し、採算性もないのに300億円以上の税金を注ぎ込もうとしています。人口も交通量も減り続けているのに、7つの交通軸の整備と言って、大規模な幹線道路の整備を最優先しています。

●このようなゼネコンばかりが潤う大型開発優先をやめて、お年寄りの福祉や子育て支援に予算を回せと一貫してがんばっているのが酒井宏明候補です。

●酒井候補はあまりにも高すぎる介護保険料や国保税を引き下げます。市内で1300人もの高齢者が待機させられている不足する特養ホームの増設に全力を挙げ、国民年金でも入れる特養を整備します。交通弱者の通院や買い物の足を守るため、電話で呼び出して低料金で利用できるデマンド交通の早期運行の実現をめざします。高齢者支援策の充実をめざす酒井宏明へのご支援をよろしくお願いします
●酒井候補は、中学校卒業までの医療費の無料化を実現させましたが、今度は学校給食の無料化をめざして子育て世代の家計の負担を軽減します。そして、いじめも不登校もなくし、すべての子どもたちを大切にする学校づくりのために、全学年の少人数学級・30人学級の実現を求めます。さらに保育料の引き下げなど、次代を担う子どもたちを応援する県政の実現をめざします。
●酒井候補は、県内のブラック企業の違法行為の実態を鋭く告発し、ブラック企業規制条例の制定を求めています。過労死を招くサービス残業や長時間過密労働をやめさせて、若者の雇用を守り労働者の使い捨てをやめさせます。そして酒井宏明候補は、派遣などの非正規雇用を正規雇用して、だれもが不安なく結婚し、こどもを産み育てられる安定した雇用を確立します。
●いまアメリカが引き起こす戦争に日本が参加するのではないかという不安が多くの国民の間に広がっています。県議会に平和を願う県民から提出された「戦争をする国づくりに反対」という請願に賛成したのは日本共産党県議団だけです。自民・公明・民主系リベラル群馬の議員はこぞって反対しました。それどころか自民党群馬県議団は「憲法9条の改正は絶対に必要だ」と主張し早期改正を求める意見書を単独可決し、安倍政権の戦争をする国づくりを後押ししています。平和を守る候補者は誰なのか、はっきりしています。自衛隊員や若者を戦場に送って、再び他国人を殺し殺される戦争を繰り返すことを絶対に許してはなりません。反戦平和を貫いて93年の日本共産党は、憲法9条改正を許さず、戦争立法にストップをかける酒井候補へのご支援をよろしく。

●県議会では、自民党・公明党・民主は、知事が提案する開発優先の予算案・値上げ案などに何でも賛成するオール与党です。与党議員が増えても県政の流れを変えることはできません。共産党は、今回の県議選で、前橋・高崎・伊勢崎の3議席を目指して全力を挙げています。

●日本共産党が伸びれば、オール与党の県政を変える大きな力になります。どうぞ、少数激戦に勝ち抜くため、消費税増税ストップの願いや原発なくせ願いを酒井宏明に託してください。二度と戦争を繰り返さないでほしいという平和の願いを酒井宏明に託してください。
●最後までのご支援を酒井候補にお寄せいただきますよう心からお願いしまて、訴えを終わります。
●ご清聴ありがとうございました。
[PR]
by hasegawakaoru | 2015-04-06 20:19 | 近況報告