日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru
 

 
e0260114_2062610.jpg
今から84年前の昭和8年2月20日、プロレタリア作家の小林多喜二が、特高警察に逮捕され築地警察署で残虐な長時間の拷問を受け、その日のうちに虐殺された。
 ファシズムの嵐が吹き荒れ日本が海外侵略の道に踏み出した暗黒時代に、反戦平和を訴え人々を搾取する社会からの転換を文学を通じて求めただけで、治安維持法によって多喜二は命を奪われた。
ところがいま、国民の思想と良心を弾圧した治安維持法の現代版と呼ばれる共謀罪が、安倍政権によって国会に提出されようとしている。戦争法や沖縄の辺野古への米軍基地建設の強行、原発の再稼動など権力の横暴に声を上げようとしている人たちを処罰しようとしている。
 こんな戦前のような歴史の逆行は絶対に認められない。

 共産党市議団は、以下の通り3月議会に共謀罪の創設に反対する意見書の提出します。

「共謀罪」の創設に反対する意見書(案)
             
                               日本共産党前橋市議団
安倍政権は「テロ等組織犯罪準備罪」という口実で、実際の犯罪行為がなくても、話し合いや相談や計画をしただけで犯罪とみなす「共謀罪」を創設しようとしている。
 政府は、「共謀罪ではなくテロ等準備罪である」とか、「取り締まる対象は組織的犯罪集団に限るもので、一般の人は対象にならない」と繰り返し説明している。ところが法務省は、「正当に活動する団体でも、犯罪を行う団体に一変したと認められる場合には処罰の対象とする」と述べ、一般人が対象にされる余地がある旨の見解を示している。捜査機関の解釈や裁量で労働組合や市民団体が対象とされ、市民生活全体への監視や盗聴などが横行しかねない。
 しかも「共謀罪」は、まだ起きていない「犯罪」についても、2人以上で話し合い「合意する」ことが犯罪に問われるというものである。実際に起きた犯罪行為を罰するとした日本の刑法の大原則を踏みにじるとともに、「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」とした憲法19条にも反する危険な内容である。
 また、「共謀罪」がテロ対策のために必要だとする根拠の一つにしている「国際組織犯罪防止条約(TOC)」締結のためという理由も説得力はない。この条約のもともとの主眼は、マフィアなどによる経済犯罪を念頭にしたものである。すでに日本はテロ防止のために13種類の国際条約を締結し、それに基づく国内法も整備されている。
 いま、政府があらためて「共謀罪」を創設しようとする意図は、平和を願う多くの国民の願いに背を向けた秘密保護法や安保法制・戦争法に続く違憲立法であり到底認めることはできない。
 よって、国においては、国民の思想や内心まで処罰の対象とする違憲立法である「共謀罪」を創設しないよう強く求めるものである。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
[PR]
# by hasegawakaoru | 2017-02-23 20:06 | 平和
e0260114_19461624.jpg


米軍が、群馬県榛東村の陸上自衛隊12師団・相馬が原基地を中心に、3月上旬に米軍オスプレイ6機が参加する日米共同訓練の実施を通告 

 昨年の12月13日に沖縄県名護市沿岸に米軍のオスプレイが墜落しました。事故原因も特定しないまま政府が6日後に米軍の飛行訓練の再開を容認したことに多くの国民が怒りの声を上げました。
 国民の安全よりも日米同盟を最優先する政府の態度は、主権国家としての資質が問われます。
米軍は今年から東京都内の横田基地にオスプレイを順次配備する計画を明らかにしています。自衛隊もオスプレイを購入し配備を計画しています。また、3月中旬には、榛東村の自衛隊の相馬が原基地と新潟県の関山演習場でで米軍海兵隊が参加する日米共同訓練も計画されています。米軍はオスプレイ6機の訓練参加を通告しています。こうした中で上毛新聞が「群馬県上空でのオスプレイの飛行訓練を認めるか」という県内全市町村長へのアンケートを求めたところ、山本前橋市長と後藤高山村長の二人だけが飛行訓練を容認しています。「住民の安全をどうするのか」と市民から非難の声が上がっています。
 
 共産党市議団は、「世界中で重大事故を繰り返しているオスプレイの飛行訓練を絶対に許してはならない」と市長に抗議し容認の撤回を申し入れています。
e0260114_19555873.jpg

(写真は一昨年の夏に行った、相馬が原基地での日米共同訓練に反対する市民の抗議行動。)
[PR]
# by hasegawakaoru | 2017-02-23 19:56 | 平和
e0260114_19292044.jpg


3月8日に本会議代表質問、開発優先やめて、福祉・暮らし・子育て支援に予算を回せ!

 市議選挙後初めての定例市議会【予算議会】が3月2日から始まります。私は、8日に本会議の代表質問に立ち、市議選挙で掲げた公約の実現をめざします。安倍自公政権の言いなりになっている山本市長の政治姿勢をただすとともに、路面電車構想など開発優先の市政をやめて、福祉や暮らしに予算を回せと迫ります。
 安倍政権が提出しようとしている共謀罪法案の反対世論や、憲法9条を無視して武器使用を認めた南スーダンPKO自衛隊の即時撤退および戦争法の廃止を求める国民世論への見解を求めます。そして前橋駅と上電中央前橋駅間のLRT低床式路面電車構想、上武国道沿線・関根町の道の駅整備、日赤病院跡地のCCRC構想、前橋駅北口の再開発などについて、改めて市民の利益に沿った構想であるかどうかの検証や費用対効果などから問題はないかどうかについて質問します。
 さらに、市議選挙でも市民の強い要望が寄せられた、高すぎる国保税の引き下げ・特別養護老人ホームの増設・学校給食の無料化、マイバスやマイタクの充実・住宅リフォーム助成制度などの実現を強く求めます。
また、私は建設水道常任委員会への所属を予定しており、予算審査では市営住宅施策の改善等を求めます。老朽化した市営住宅の修繕や維持管理予算の増額を求め、エレベーターの設置や入居者の負担を求めず市の責任で畳やドアノブ等の交換・ドアや階段などの塗装・建物周辺の植栽の剪定などを求めます。
 民主団体も議会への請願の提出を準備しています。前橋民商は、住宅リフォーム助成制度や商店リニューアル助成の実現。新婦人前橋支部は、学校給食の無料化や子ども医療費の無料化の高校卒業までの拡充、二人目からの保育料の無料化の拡充を求めます。党市議団は請願の採択とともに、共謀罪法案の廃案や幼稚園児などに国旗や君が代の指導を求める学習指導要領の改訂反対の意見書等の採択をめざします。
 (写真~初登庁の2月23日に共産党女性後援会がお祝いに駆けつけてくれました。)
[PR]
# by hasegawakaoru | 2017-02-23 19:30 | 市議会活動報告
e0260114_1831026.jpg

共産党は4人全員当選

 前橋市議選(定数38、立候補45)が、12日に投開票されました。マスコミが争点なしと繰り返し報道する中、共産党市議団は、「平和と暮らしを脅かして暴走する安倍自公政権への怒りの審判を下し、開発優先で福祉や暮らしを後回しにした市民に冷たい市政を変える大事な選挙」と訴え、党支部と後援会が総力を挙げて選挙戦を戦い抜きました。(写真は開票日の夜、選挙事務所で)
 選挙戦は新人が多数立候補し、7人はみ出しの激戦となり、保守候補の多くは自治会締め付け選挙を強めました。共産党の4人の候補は、市民の願いにこたえる政策を掲げ、ビラや街頭宣伝を最後まで徹底して全有権者を対象に支持を訴え続けました。開票では、私・長谷川薫が2904票を得て19位で5回目の当選を果たすとともに、共産党現職の4人が全員当選しました。
 私は「厳しい寒さの中で、ご支援いただいた多くの皆さんに心から感謝いたします。選挙で掲げた国保税の引き下げ、特養ホームの増設、学校給食の完全無料化、30人学級の全学年実施、住宅リフォーム助成制度の創設、マイバスの新規路線の増設、マイタの負担軽減など公約の実現をめざして頑張ります。総選挙でも野党共闘を強めます。国民の声も無視し、憲法も投げ捨てる安倍政権を倒し、野党連合政権を樹立するためにも引き続き日本共産党へのご支援を」と訴えました[。

これからも市民の暮らしに寄り添います!


 市議選開票日、群テレの当確に合わせて今回も88歳の女性党員からパックに詰めたお赤飯を届けていただいた。その方は、県議選や市議選挙、そして国政選挙の時も、いつも投票日に共産党の候補者の当選を祈念して、大粒の小豆を入れて炊き上げ、選挙でご苦労された方に感謝の気持ちを表すためにと、心を込めて作っていただいている。そんな思いを大切にして、みんなで美味しくいただいた。
 下関にいる私の母も、当選を願い毎日亡き父の遺影に手を合わせていたと、当選を心から喜んでくれた。私のことだけでなく、決して権力におもねることなく平和と暮らしを守り抜く日本共産党は素晴らしいと、各種選挙で一貫して共産党の。躍進を強く願っている。
 再選された今、厳しい寒さの中でビラを配り、ハンドマイクで訴え、電話で支持を呼びかけた数多くの方々の命がけの支援に心から感謝したい。そして、議員の責任の重さを自覚し、今後とも決して慢心することなく市民の暮らしや苦難に寄り添い、市民の支えとなる議員活動をいっそう強めて行きたいと決意している。

e0260114_18192816.jpg

[PR]
# by hasegawakaoru | 2017-02-15 18:22 | 選挙

e0260114_23320164.jpg

 長い間の議員活動の中で、多くの方の生活相談を受けている。誰でも予期せず交通事故に遭遇したり、失業したり病気になる。そうした時に、国や自治体が親身になって最善の支援をするべきだが、これまでにそのような行政を一度も見たことがない。「弁護士に相談したら…」程度のアドバイスだ。それどころか前橋市は失業者からも滞納した税金を問答無用で厳しく取り立てて生活をいっそう脅かしている。

 低所得の高齢者や母子家庭など生活が厳しく、法律や行政の各種制度の知識がない市民は、誰にも救済してもらえず厳しい状況に追い込まれることが多い。共産党が支えなければ生きて行けない方もいる。私は今後も弱い立場の方を優しく支える活動を続けるためにも、何としても今回も市議選に勝ち抜きたい。


[PR]
# by hasegawakaoru | 2017-02-07 23:32 | 選挙