人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

安倍首相の靖国神社参拝は、日本の侵略戦争の美化・肯定と戦争する国づくりへの暴走

許せない!戦後国際秩序に挑戦する暴挙

安倍首相の靖国神社参拝は、日本の侵略戦争の美化・肯定と戦争する国づくりへの暴走_e0260114_15535618.jpg


 安倍首相は就任から1年の節目になった12月26日、日本とアジア・世界との間に大きな経済的・外交的な亀裂を生む靖国神社参拝への暴挙に打って出た。
 首相は「二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの決意をこめて『不戦の誓い』をした」と述べました。
 しかし、靖国神社は『不戦の誓い』にもっともふさわしくない場所です。
靖国神社は戦前・戦中、陸海軍が管理し、侵略戦争に国民を動員するための精神的支柱の役割を果たす宗教の装いを持つ特別の軍事施設でした。戦後も日本の侵略戦争を「自存自衛」「アジア開放」の正義の戦争であったと肯定・美化する宣伝センターの役割をする特殊な施設です。

 靖国神社は、旧日本軍兵士の武勲をほめたたえることを目的にしているだけではなく、戦争を推進し、東京裁判で「平和に対する罪」などで裁かれた東条英機元首相などのA級戦犯を合祀しています。靖国神社内に建つ「遊就館」と呼ばれる軍事博物館は、「太平洋戦争をアジア諸国の開放と共存共栄の新秩序を確立することが戦争の目的であった」などと掲げて、戦前の理屈そのままに侵略戦争を丸ごと肯定・美化し続けています。
 
 したがって、安倍首相の靖国参拝は、どんなに言い逃れをしても、日本が行なった侵略戦争を肯定・美化・正当化する立場に身を置くことになるのです。

 第2次世界大戦後の国際秩序は、日独伊3国の戦争は不正議の侵略戦争であったことを共通の土台にしています。安倍首相の行為は、「不戦の誓い」どころか、戦後の国際秩序や平和の流れに真っ向から挑戦するものなのです。

戦争国家への暴走強める安倍首相

 しかも、「不戦」を口にする安倍首相の1年の歩みは、「戦争をする国づくり」そのものです。
重罰と身辺調査の網で、国民の目・耳・口をふさぐ秘密保護法の強行成立、戦争の司令塔となる国家安全保障会議の設置、集団的自衛権行使に道を開く国家安全保障戦略の閣議決定・・・。国民の怒りや不安の声を無視して、暴走しています。
 「不戦の誓い」どころか、戦争国家への決意を示してきたのが安倍政権発足1年間の姿です。
 安倍首相は、河野談話や村山談話の見直しを公言し、歴史問題を再燃させ日中・日韓の対話に大きな障害を作り出してきました。北朝鮮の核開発や中国との間の尖閣問題、さらには中国や韓国による防空識別圏の設定問題で日本と中国や韓国との対話が求められている中の靖国参拝は、対話の道を土台から破壊する、外交的自殺行為です。
by hasegawakaoru | 2013-12-27 15:56