人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

米軍横田基地にオスプレイの配備計画!群馬でも飛行訓練

世界中で墜落事故を繰り返す、欠陥垂直離着陸輸送機
米軍横田基地にオスプレイの配備計画!群馬でも飛行訓練_e0260114_21354683.jpg

 防衛省は15日、米空軍横田基地(東京都福生市)に2017年から21年にかけて10機配備する予定の新型輸送機オスプレイCV22が、群馬県上空など国内4カ所と国外2カ所の計6カ所で夜間・低空飛行訓練や射撃訓練などをすると公表しました。防衛省は米空軍による環境影響評価の関連文書を関係自治体に説明しました。
 文書は、訓練場所として、三沢対地射爆撃場(青森県)▽群馬・新潟・長野3県の周辺空域▽陸上自衛隊東富士演習場(静岡県)▽沖縄県の訓練場▽グアム・アンダーセン空軍基地▽韓国の射撃場――を挙げています。上の写真がオスプレイ。
米軍横田基地にオスプレイの配備計画!群馬でも飛行訓練_e0260114_21363812.jpg

配備も訓練も反対を!

騒音や墜落事故など県民の暮らしや安全が脅かされる事態も・・・・

 私は「そもそも固定翼と回転翼を併せ持つオスプレイは機体構造上の不安定性、危険性がかねてから指摘されています。試作段階から事故を繰り返し、すでに30人以上が死亡しています。「未亡人製造機」「空飛ぶ棺おけ」と米国メディアで呼ばれています。民間の航空機なら運航停止になっているのは確実です。こんな機種を首都圏や普天間基地周辺の人口密集地で飛行させるなど、危険な人体実験に等しいものなのです。群馬県上空ではこれまでにもジェット機の危険な低空飛行訓練が繰り返され、県民が爆音と墜落の危険にさらされています。より危険なオスプレイの訓練が榛東村の陸上自衛隊12師団との共同訓練も相馬が原演習場で行われる可能性もあります。危険な訓練が必要なら米本国で行うべきです。
 また、日米両政府はオスプレイの安全性を強調していますが、海兵隊のMV22の事故率は10万時間当たり1・93です。住宅が密集する首都圏の横田基地配備はあまりにも危険過ぎます。すでに配置されている沖縄の米軍普天間基地のオスプレイともども米本国に帰るべきです。配備も訓練もやめるよう、アメリカと日本政府に強く求めましょう」と訴えています。
by hasegawakaoru | 2015-10-18 21:39 | 平和