人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

ひぐち和彦市長候補は、高齢者などの交通弱者支援に全力を挙げます!

低額固定料金で距離に関係なくどこにでも行けるドアツードア方式のデマンド交通の実現を!
 
 少子高齢化の進行で、市内に交通弱者が急増している。高齢になれば車の運転だけではなく、歩行も困難となる場合が少なくない。多くの場合、買い物も通院もままならなくなるため、行政の支援が欠かせない。
 4年前の市長選の時に、現市長の山本氏は「二百円でどこでも行けるデマンド乗合バスを走らせる」と公約した。ところがこの四年間、市長は「バスやタクシー事業者が難色を示している」と述べ、公約を実現させないままだった。私も、デマンド交通充実を繰り返し議会で質問し、「予算を確保して十分な委託費を出せば事業者は必ず協力してくれる」と全国で運行している自治体の先進事例も紹介しながら実現を求めてきた。市長選挙に間に合わそうと市長は重い腰を上げて、「マイタク」というタクシー料金助成制度を先月の23日からスタートさせた。
 事業内容は「75歳以上の高齢者や65歳以上の運転免許証のない方など事前登録した移動困難者がタクシーを利用した場合、運賃の半額(上限千円)を支援する」という不十分なもの。たとえば、富士見地区の高齢者からは「日赤病院までのタクシー料金は片道三千五百円。千円の支援では気軽に利用はできない」など、制度の不備を指摘する意見が上がっている。ひぐち弁護士は、「距離に関係なく低額固定料金で利用できるデマンド交通を何としても実現する」と公約しています。車いすでも利用できるデマンド交通の実現をご一緒に実現させましょう!
ひぐち和彦市長候補は、高齢者などの交通弱者支援に全力を挙げます!_e0260114_1082946.jpg

by hasegawakaoru | 2016-02-10 10:09 | 選挙