人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

青年も高齢者も希望をもって安心して暮らせる前橋市政に!

青年も高齢者も希望をもって安心して暮らせる前橋市政に!_e0260114_11353615.jpg

 こんにちは。日本共産党前橋市議会議員の長谷川薫です。日頃から大変お世話になっております。
7月10日投票の参議院選挙では野党共闘候補と日本共産党へのご支援をいただきまして大変ありがとうございました。
 群馬選挙区では野党統一候補の堀越けいにん氏が、戦争法の廃止と格差と貧困を広げるアベノミクスの中止を強く訴えて戦い抜きました。投票率が戦後最低の50・51%のもとでも、全県で24万8615票・得票率31%を獲得し善戦し、前回の参院選の民主党と共産党候補の得票数の合計を約3万3千票上回る成果を上げました。当選はできませんでしたが、堀越けいにん氏は掲げた公約の実現に全力を挙げると表明しています。私たち共産党も今回の群馬県での野党共闘の闘いの財産を、必ず今後の国会や衆議院選挙で生かして行きたいと思います。比例代表では、群馬県で日本共産党は7万9584票、前橋で1万5419票を獲得して、前回時の得票を約2割増やすことができました。
 日本共産党は比例代表で全国で前回得票を85万票以上増やし601万票余を獲得し、市田忠義副委員長など5議席を獲得しました。今回の参院選の比例代表で日本共産党が獲得した得票と議席は、目標とした850万票、9議席には及ばなかったものの、躍進した前回3年前の比例代表よりも得票を2割増やし、歴史的にも過去2番目の得票数となりました。戦争法の強行や「アベノミクス」による暮らしと経済の破壊など、国民の間で積もりに積もった安倍政権への怒りとともに、日本共産党に対して寄せられた、今の政治を変えるために頑張ってほしいという期待にこれからしっかり応えてゆきたいと決意しています。

 選挙区でも東京選挙区で3年前に続き、31歳の青年弁護士山添拓さんが初当選しました。野党統一候補を擁立した1人区以外の複数区でも、日本共産党の候補者は神奈川で接戦、埼玉、千葉などで大きく得票を伸ばすなど、各地で共産党の選挙区候補が当選にあと一歩まで迫る善戦をしました。比例と選挙区合わせた日本共産党の6議席は改選議席の2倍です。非改選と合わせ14人に前進した参院議員団は、21人の衆院議員団とともに公約実現へさらに奮闘できます。

 また、日本共産党、民進党など野党4党が市民とともに力を合わせてたたかった全国32の1人区でも、11選挙区で野党統一候補が勝利し、前回の二人の非自民候補の当選を大きく上回りました。戦争法の廃止・立憲主義回復という大義のもとに結集した市民と野党の共闘は、「野党と市民が力を合わせれば暴走する安倍政権の政治を変えられる」という確信を広げました。福島では現職の法務大臣が、沖縄では沖縄北方担当大臣が落選しました。これらの選挙区での野党候補の勝利は、東京電力福島原発事故の反省をせず原発の再稼働を推進する政治や、オール沖縄の県民の声を無視して「辺野古が唯一」と米軍新基地建設を強行する強権的な安倍政権の暴走への住民の怒りの表明であることは明らかです。
 選挙の結果、安倍首相の自民・公明の与党と補完勢力のおおさか維新などを合わせれば参院でも3分の2を超えましたが、選挙中、改憲について語らなかった安倍首相に国民は改憲発議などを「白紙委任」していません。安倍政権の暴走を許さず、野党と市民の共闘をさらに発展させて、憲法改正を阻止し、立憲主義と民主主義を取り戻し、「平和と暮らしを守ってほしい」という国民の声が大切にされる新しい政治の実現のために力を合わせていこうではありませんか。
 
 さて皆さん、前橋市議選挙が来年2月に迫っています。4人の現職が立候補を予定しています。こちらの地域では現職の私・長谷川薫議員が5期目に挑戦いたします。国や県言いなりの市政ではなく、憲法を暮らしに生かし、子どももお年寄りも希望を持って安心して暮らして行ける市政、福祉や子育て、教育の充実を最優先とする市政への転換をめざして全力を挙げる私・長谷川議員へのご支援を心からお願いいたします。今、山本前橋市政は、生活が苦しくて税金を滞納した市民への過酷な税金の取り立てをしています。預金通帳に振り込まれた給与や年金を情け容赦なく取り立てる差押えが全国の自治体のトップ、年間1万件を超えています。私・長谷川議員は、命や暮らしを脅かす行き過ぎた税金の取り立てをやめさせます。特別養護老人ホームの入所待機者が市内で1300人もいます。特養ホームの増設に全力を挙げます。いじめも不登校もなく楽しく学校に通えるよう、競争教育を改め、全学年の30人以下学級の実現をめざすとともに、学校給食の無料化を実現します。高すぎる国保税を全世帯1万円以上引き下げます。公共事業は生活道路や市営住宅の改修など生活密着型に転換します。高齢者が安心して買い物や通院ができるよう、デマンドバスやマイバス、路線バス等をもっと利用しやすいように改善します。どうぞ、私・長谷川薫議員へのご支援をお寄せいただきますよう、お願いいたしまして訴えを終わります。ありがとうございました。
by hasegawakaoru | 2016-07-29 11:36 | 選挙