日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

市議選まであと4カ月余、共産党前橋市議団4人の再選必ず!

e0260114_20314162.jpg

 来年2月の前橋市議選挙まであと4カ月余りに迫った18日、現職4人の共産党市議団の必勝を期して、梅村さえこ衆議院議員を迎えて共産党演説会が開催されました。あいにくの雨の日でしたが、会場を埋めた参加者から熱い激励が寄せられました。私は、市議選挙の基本政策を訴えました。

平和と暮らしを壊す安倍政権の言いなりにならず、福祉と暮らし最優先の前橋市政を!
 
 アベノミクスで大企業や高額所得者は空前の利益を上げていますが、市民は貧困と暮らしの不安が拡がり、どこでも悪政への怒りがあふれています。
「年金の積立金で株価をつり上げ、5兆円もの損失を出した安倍政権は許せない」「消費税増税に加えて年金が減らされ、医療費や介護保険料の負担が増えているので、生活が苦しくて、とにかく支出を切り詰めて暮らしている。こんな高齢者いじめの政治を変えてほしい」「派遣やパートの非正規雇用のために、長時間働いても受け取る給料が少なく、安心して子育てもできない。だれもが希望を持って結婚し、子どもを産み育てられる社会にしてほしい」という切実な声も寄せられています。
共産党市議団は「このような時だからこそ、前橋市政が平和と暮らしを脅かして暴走する安倍政権の言いなりにならず、地方自治体本来の責務である福祉の充実と市民の暮らしの応援を最優先する市政に転換すべき」と主張し、山本市長に強く迫っています。
 ところが市長は、安倍政権の悪政言いなりです。戦争をする国づくりにも、年金も医療も介護も自立自助を強調して次々と強行する社会保障制度の連続改悪などすべてを容認しています。自民・公明安倍政権の言いなりの下請け市政では市民の暮らしは守れません。
 さらに市長は、市民の暮らしや福祉は後回しにして、大型公共事業・開発優先の市政運営を強めています。例えば、上毛電鉄中央前橋駅とJR前橋駅を路面電車でつなぐ計画は建設費1㍍3千万円、九百㍍で30億円。城南地区の総合運動公園を36億円で14㌶も拡張する事業。関根・田口町の上武国道沿線に北関東最大規模・47億円7㌶の市内4カ所目の道の駅。日赤病院跡地には、首都圏からお金持ちの高齢者を呼び寄せて、有料老人ホームなどのシニアタウン構想。地元の市民への医療や福祉の充実は後回しです。

市長の提案になんでも賛成する議員では、市政は変えられません

 介護保険料は去年の4月から20%も値上げし、年間11億円もの負担増。特養老人ホームの待機者は1200人もいるのに、3年間の増設はわずか250床。高すぎる国保税の引き下げ要求には答えず、今では1世帯平均16万円、一人10万円もの負担。教育の充実策は後ろ向きで、30人学級は小学校1~2年でストップ。環境保全行政は弱腰で、放射能に汚染された間伐材を年間8万トンも燃やす大規模火力発電計画も推進しています。
 このような市民の願いに背を向けた前橋市政ときっぱり対決してモノを言い、実現可能な建設的提案を続けているのは日本共産党市議団だけです。他の34名の議員は、予算も決算も値上げ案も市長の提案には何でも賛成しています。文字通りオール与党で市長を支えています。これでは、市民の暮らしは守れません。

市民と共産党市議団が力を合わせれば、市政は変えられます!

 日本共産党市議団は、これまでにも皆さんと力を合わせていつでもどこでも市民の命綱として全力を挙げてきました。実現できた中学校卒業までの医療費の無料化やタクシー運賃助成制度のマイタクや旧勢多郡のデマンド交通、下増田町の清掃工場の建設中止とロック工場の延命化、市営住宅へのエレベーターの設置、全小学校の教室へのエアコン設置など、いずれも多くの市民の皆さんと粘り強く請願署名運動を繰り返して勝ち取った成果です。市民の皆さんと日本共産党が力を合わせれば必ず市民の願いが市政に届きます。

市民の願い実現をめざして全力を尽くします

 共産党市議団は、▼生活苦による国保税や市民税の滞納者への過酷な生存権を脅かす年間1万件の差押えをやめさせて、生活実態を把握して、減免や少額分納で生活再建を暖かく応援。▼いじめも不登校もなく行き届いた教育を実現するため小中全学年の30人学級を実現。学校給食費・第2子保育料の無料化。▼国保税の一人1万円の引き下げ。▼特養ホームの増設。介護保険料や利用料の引き下げと低所得者減免。▼高齢者給食サービスや緊急通報装置貸出制度の充実。▼交通弱者支援のデマンドバスやマイバスなどの負担軽減と利用改善。▼公共事業は通学路や生活道路・市営住宅の修繕など生活密着型に切り替え。▼前工跡地の土壌汚染や路盤材に使われた鉄鋼スラグや田口町の水道水源汚染原因である坂東工業団地の汚染物質の完全撤去、放射能などの汚染防止対策を強化し環境と市民の健康を守る。▼平和資料館の建設などを公約に掲げ、4人全員再選をめざします。皆さん!ご支援よろしくお願いします。
[PR]
by hasegawakaoru | 2016-09-19 20:32 | 選挙