人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

市議選公約~税金は市民の暮らし応援に優先的に使用を!

市議選公約~税金は市民の暮らし応援に優先的に使用を!_e0260114_220981.jpg
大規模な公共事業よりもm福祉や子育て支援優先の市政に

 山本市長は、『まちづくり』も安倍自民・公明政権の言いなりです。
例えば、上毛電鉄中央前橋駅とJR前橋駅を路面電車でつなぐ検討を予算もつけて開始しています。わずか9百㍍で30億円もかかります。城南地区にある総合運動公園を総額36億円もかけて14㌶もの拡張を決め優良農地の買収を済ませています。関根町の上武国道沿線には北関東最大規模・47億円もかけて7㌶の市内4カ所目の道の駅の整備を決めています。朝倉に移転する日赤病院跡地には、首都圏からお金持ちの高齢者を呼び寄せて、有料老人ホームなどのシニアタウンを計画しています。前橋駅北口には10億円以上の市の補助金を出して26階の高層マンションなどの再開発事業を民間業者と開始しようとしています。
 私たちが実施したアンケート調査では、このような大規模な公共工事を求めている要望はほとんどありません。切実な要望は、「高すぎる国保税や介護保険料を引き下げて」「子育てにかかる負担を軽くしてほしい」「特別養護老人ホームの増設を」「通学路の安全対策や信号機や防犯灯の増設を」など、市民の暮らしを応援する市政への転換を強く求めています。

税金は市民の暮らしを支えるために優先的に使うべき


 兵庫県南光町で25年間共産党員町長として活躍した山田謙三さんは、全国に広がった歯科診療・8020運動、ヒマワリを生かした地域振興、学校給食の半額助成、国保税の引き下げ、生活道路の整備優先など、市民の暮らしを支える施策に税金を優先して使う行政姿勢を貫き、絶大な共感を拡げ7期連続当選しました。
 前橋市も、◆高すぎる国保税の一人年間1万円の引き下げ◆特養老人ホームの増設で千人余の待機者ゼロに◆学校給食費の無料化◆高校卒業するまでの医療費の無料化◆住宅リホーム助成制度の創設◆30人学級◆マイタクやデマンド交通の料金引き下げと利便性の向上など、市民の切実な願いを優先すべきです。市議選挙でも皆さんに訴えて行きます。
by hasegawakaoru | 2016-12-05 22:02 | 選挙