日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

高すぎる国保税の大幅引き下げの決断を!

e0260114_1854058.jpg


4月から国保税の財政運営が群馬県に移行

 政府は、これまで市町村が運営してきた国民健康保険を、平成30年度から財政運営の責任を都道府県に担わせる制度に移行させました。これにともない前橋市は、開会された第1回定例市議会に、群馬県が示した標準国保税率を考慮した国保税率の改正案を提案しました。

一人当り年間2052円、
一世帯当り年間3367円のわずかな引き下げに 

 国の制度変更の目的は医療費抑制と国保税の徴収強化ですが、国保税の激変を緩和するための国費(総額3400億円)が投入されたことによって、前橋市は国保税を一人当たり年間2052円、一世帯当たり年間3367円の引き下げ提案をしました。国保加入の約5万5千世帯の約七割が引き下げになります。
 国保税のうち医療給付費分は引き下げましたが、後期高齢者支援分と介護納付金分が引き上げとなったために、世帯の人数の多い場合は、引上げになる場合もあります。 
 また、激変緩和のための国費の投入がいつまで続くかわからず、高すぎる国保税の引き下げは今後も切実な市民の願いです。

市の国保基金を取り崩して国保税の大幅引き下げを!

 前橋市の国保財政は平成25年に総額約12億円、1世帯年間11%2万2千円の引きあげたために、毎年黒字運営を続けています。国保加入者の年間収入のおおよそ1割が国保税額という、あまりにも重い負担に耐えられなくて、滞納世帯が前橋市の国保加入世帯の約7%。3700世帯に及んでいます。市は、滞納者の生活実態を十分把握しないまま、給与や年金などを情け容赦なく差押え、生活困窮者の生存権を脅かしています。
 共産党市議団は「毎年の黒字分を積み立てた国保基金が、国保予算に繰り入れる予備費1億5千万円を除いても18億円ある。基金は市民が納めた国保税。基金を5億5千万円取り崩しただけで1世帯年間1万円の引き下げが可能。市民の暮らしに寄り添って、更なる引き下げを決断すべき」と国保予算の組替えを求めます。また「国保税が高い最大の原因は、国庫負担が大きく削減されたためです。元々自営業者や農家の人たちの医療保険であった国保が、今や加入者の8割が非正規労働者や低年金の高齢者や無職者。国は安定した財源を都道府県に支出して加入者の負担を減らすべき」と主張します。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-02-26 18:54 | 市議会活動報告