日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 66歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

森友・加計問題の最大の責任は安倍総理!内閣の総辞職を!

e0260114_17215060.jpg


国会と国民をだます、安倍自公政権を許すな! 

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐり虚偽答弁が問われていた佐川宣寿国税庁長官の辞任が決まりました。「佐川氏を国税庁長官につけたのは内閣の人事ミスです。世論を甘くみたのでしょう」。佐川氏を知る財務省元幹部はそう言います。
 佐川氏は、昨年の国会で財務省理財局長として、「処分方法、手段についてはすべて法令に基づいて適正にやっている」「価格についてこちらから提示したこともないし、先方からいくらで買いたいと希望があったこともない」などと答弁してきました。
 しかし、日本共産党国会議員団などが入手した学園と財務省の交渉を録音した複数の音声データでは、元学園理事長の籠池泰典被告=詐欺罪で起訴=が、「特例にしてくれたことはありがたい」「ゼロ円に近い形で払い下げてほしい」などと求めていたことがはっきり記録されています。安倍首相夫妻の関与があったことは明白な事実です。
 また佐川氏は学園との交渉記録を「廃棄した」と国会で繰り返してきました。これも今年2月になって、財務省内で交渉経緯を記した法律相談書が保存されていたことが明るみにでました。
 佐川氏は理財局長のあとに国税庁長官に“出世”しました。今年になって、「佐川長官辞めよ」などと市民が国税庁を取り囲む異例の事態もおきました。それでも安倍晋三首相と麻生太郎財務相は佐川氏を「適材適所」とかばいました。

安倍政権打倒へ重大局面


 森友学園疑惑は、国有地(大阪府豊中市)を約8億円も値引きして学園に売却したというもの。この背景には、学園が計画した小学校の名誉校長だった安倍首相の妻、昭恵氏の関与が取りざたされています。佐川氏の虚偽答弁は、昭恵氏が深くかかわる学園が“特別扱い”・ “国政が私物化”されていた事実を覆い隠すものでした。佐川氏の辞任で事態は収束するものではなく、麻生財務大臣や安倍首相の責任こそが問われています。
 首相への忖度で獣医学部新設を認可した加計学園、自衛隊の南スーダン派兵の日報隠蔽や裁量労働制をめぐるデータのねつ造など国民をだましながら政権の延命を図りながら、9条改憲を狙う安倍政権は、市民と野党が力を合わせて一日も早く倒すしかありません。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-03-13 17:22 | その他