日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

市営日帰り温泉の2施設が営業停止に

e0260114_1982043.png

基準値の146倍のレジオネラ菌を検出

 荻窪町の市営温浴施設「あいのやまの湯」(上の写真)で、レジオネラ菌が検出され、衛生管理が万全と判断されるまで、5月17日から営業を停止しています。 
市公園管理事務所によると、内湯からは基準値の146倍の菌が検出され、源泉からくみ上げた直後の温泉を貯蔵する温泉タンクからも25倍の菌が検出されました。施設内で菌が増殖された可能性もあるとみて原因の特定を急いでいます。

レジオネラ菌による肺炎は、致死率の高い感染症に

 
 レジオネラ菌を原因とする肺炎は、病勢の勢いが早く、医療機関への受診が遅れて有効な抗生物質を使った治療が間に合わないと、腎不全や多臓器不全を起こし発病から7日以内に6~7割が死亡する感染症です。菌に汚染された浴槽のお湯やシャワーを吸い込んで感染することが多いと言われています。
 体力の弱い高齢者も利用しているあいのやまの湯に基準値を大幅に超えたレジオネラ菌が発生していることは重大事態です。日常的な衛生管理が不足しているのか、構造設備上の問題があるのか、市は指定管理者任せではなく独自に根本的に点検すべきです。

市の経費削減を優先した、民間事業者への管理委託が原因

 
e0260114_1910321.jpg

 2月13日には、富士見温泉見晴らしの湯(上の写真)の女性風呂の天井から重さ約5㌔、長さ4メートルの建材が突然落下し、入浴中の82歳の女性の顔にあたって15針のケガをする事故がありました。当たり所が悪ければ命にもかかわる重大事故でした。男性風呂の天井も同じ部材が腐食し、危険な状況で、以後14日から現在に至るまで営業が停止されたままです。
 富士見温泉もあいのやまの湯も以前は前橋市が直営していましたが、経費削減を理由に民間事業者を指定管理者に選定し管理を委託しています。
 市当局は民間事業者の方が市専門的ノウハウを持っているので市民サービスが向上し、安全も確保できると説明してきました。しかし、民間委託の危うさが今回の出来事を見ても露呈されました。民間事業者は市との契約によって受け取る指定管理料での運営を求められます。そうした中で事業者は出来る限りの利益を上げようとするために、施設の清掃や安全管理が後回しになる傾向があります。職員体制も弱くなります。市は行政の信頼性を取り戻すためにも、温泉施設の補修工事や徹底した清掃・除菌を急ぎ安全を確保し、早期営業再開をめざすべきです。また、民間に管理委託している他の多くの市営施設の点検も急ぐべきです。  
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-05-21 19:10 | 市議会活動報告