日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

石川啄木の「一握の砂」を読む

e0260114_20252170.jpg

●東海の 小島の磯の白砂に
 われ泣きぬれて
蟹とたはむる

●たはむれに母を背負ひて
 そのあまり 軽きに泣きて
 三歩あゆまず

●はたらけど はたらけど
 猶わが生活(くらし)楽にならざり 
 ぢっと手を見る

 26歳の若さで病死した石川啄木の歌集『一握の砂』を読んだ。明治19年に盛岡で生まれた啄木は、小樽日報や朝日新聞の記者をしながら小説・詩・短歌を通じて、明治政府の富国強兵策を鋭く批判した。 
 大逆事件や社会主義についても勉強し、庶民が大切にされない当時の社会の矛盾を作品に描いた。
繊細で優しい心を持ちながら、国家権力の横暴を見抜き告発する強い反骨精神を、私も持ち続けたい。
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-06-05 20:39 | 近況報告