日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

前橋市上空を米軍オスプレイが低空飛行訓練

e0260114_10271274.jpg


安倍自民・公明政権の下で、本土の沖縄化を促進・・・・

 10月1日から、東京の横田米軍基地に米軍の特殊作戦機(垂直離着陸輸送機)CV22オスプレイ10機が正式配備になることが発表されました。現在5機が常駐して訓練を開始し、4月以降、横田基地(東京都福生市など5市1町)で300回を超える離着陸訓練を行っています。大半が夕方から夜間に集中しており、午後9時台の着陸も珍しくありません。
 すでにわが物顔で居座っているのが実態です。国内外で墜落事故などが相次いでいるオスプレイの配備に対して、住民や自治体は強く反発し不安を募らせています。 
 このため、日米両政府はCV22に関する情報をひた隠しにし、なし崩し的に日本への配備計画を進めてきました。いま、横田には普天間基地(沖縄県宜野湾市)に配備されている米海兵隊のMV22オスプレイも頻繁に飛来。首都圏が沖縄と並ぶオスプレイの訓練拠点として強化されています。
危険な飛行訓練は、東京、埼玉だけでなく、群馬上空でもおこなわれ、7月5日、8月8・13・20・21・23日に飛来し、20日、23日には前橋市を含む群馬県上空を縦断して、青森県の三沢基地と横田基地を往復しています。これらは事前通告もなく、傍若無人ぶりが際立っています。
 
e0260114_102613.jpg


酒井宏明県議も飛行中止を求めて県に申し入れ

 CV22オスプレイは米陸軍の特殊作戦をおこなう部隊で、夜間・低空飛行などで敵地の奥深く潜入して任務を果たすことなどを任務としています。病院、学校の上空は飛行しないという日米合意は無視され続けています。『安全面に考慮されている』という政府説明も信用できません。自衛隊もオスプレイ17機を購入し佐賀空港に配備しようとしています。構造的欠陥が指摘されているオスプレイはいつ墜落するか分かりません。命と生活を犠牲にした配備は許せません。
 酒井宏明県議も、安保破棄群馬県実行委員会(会長・吉村俊弁護士)とともに、9月2~3日に榛東村の自衛隊相馬原演習場でおこなう日米合同訓練の中止とオスプレイの飛行・配備の中止を求めて群馬県に要請しました。県当局は「防衛省に要請内容は伝える」と答弁しました。前橋でも「オスプレイの横田配備の中止を、前橋上空を飛ぶな、米軍は日本の法律を守れ」の運動を広げましょう。 
[PR]
by hasegawakaoru | 2018-09-05 10:27 | 平和