人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

酒井ひろあき県議の再選必ず!

酒井ひろあき県議の再選必ず!_e0260114_1983850.jpg

県議選挙と参議院選挙の勝利をめざして日本共産党演説会安倍政権を退陣に

 来年の県議選と参院選での日本共産党の躍進をめざして、前橋地区委員会は17日、群馬県民会館で、藤野保史衆議院議員を迎えた演説会を開きました。
 藤野氏は「外国人労働者の受け入れ拡大をめざす出入国管理法改定案で、技能実習生の失跡理由について、わが党の小池議員の質問に、山下法相がデーターをねつ造した虚偽答弁をした。廃案に追い込む。消費税10%増税は暮らしも景気も破壊する。庶民増税をやめアベノミクスで大もうけをしている富裕層と史上空前の利益を上げた大企業の税金を上げるべき。安倍政権がめざす憲法9条の改憲は、米軍とともに海外で自衛隊が戦争する国づくりを狙うもの。改憲反対を求める3千万署名を拡げ、安倍政権もろとも憲法改革のたくらみを葬り去ろう。市民と野党の共闘を本格化させ参議院選挙で共産党の躍進を勝ち取ろう」と訴えました。
 伊藤たつや参院選群馬選挙区予定候補と梅村さえこ参院選比例予定候補も決意表明しました。

いのちと暮らし守る県政に

 県議選まであと4か月余りと迫り、3期目に挑戦する酒井ひろあき県議が支援を訴え。「今、私たちが取り組んでいる県政アンケートには切実な声が寄せられている。26歳の女性は『夫は朝6時半出勤。帰りは早くて夜10時。残業代は月10時間分しか出ない。手取り22万円で家のローン6万円、学資保険2万円。食費3万円、ガソリン、電気、ガス、水道、携帯電話代などで貯金はできない。子どもの将来が心配。夫がいつ倒れてしまうか心配。助けてください』、別の女性からは『正社員ではないので働いても、働いても、食べていくのがやっと。国民年金保険料も満足に払えず、将来どうなるのか。こんな社会どこかおかしい』と不安や怒りの声に満ち溢れている。こうした声にこたえるのが政治の役割、政治家の責任ではないか。ところが群馬県政はどうでしょうか。相変わらず国いいなりに大型開発に熱中する一方で、福祉・くらしは後回し。
 小・中学校の給食費の完全無料化が渋川市など県内10市町村に広がっているのに、県は何もしていない。市町村と財政負担を折半すれば40億円で実現できる。給食費無料化の大波をおこそうではないか。
 国保税が高くて払えない滞納者に前橋市は給与や年金が振り込まれた日を狙って預金口座を差押えて生活を脅かしている。元はといえば、国の補助金がどんどん減らされているのが原因。全国知事会も1兆円を国保財政に上乗せせよと要求。県も独自で補助すれば、国保税額をもっと引き下げることができる。異常な差押え行政をやめさせ、払える国保税にしていこう。
 財源はある。土木費がこの10年で100億円増加。上信自動車道など幹線道路の整備に昨年度は330億円使った。ダムや大規模道路より、河川改修や身近な道路の補修、通学路の整備が先決。デマンドタクシーなど公共交通の充実、防災対策など地域密着型の公共事業へ転換こそ求められている。税金の使い方を、医療や福祉、介護、教育、子育て支援に、中小業者応援に切り替えていこう」と力強く訴えました。

日本共産党県議団が果たしている役割~きびしいチェック役

 酒井宏明県議は、日本共産党の2名の県議団が果たしている役割について次のように語りました。
『一つは厳しいチェック役です。環境問題、特に鉄鋼スラグなど産業廃棄物の不法投棄問題では独自の調査を行い、企業の実名をあげ、不正を厳しく追及してきました。「働き方改革」の問題では、多くの労働者から直接話を聞き、その実態を告発し、ブラック企業規制条例、公契約条例の制定を迫ってきました。それができるのも、企業団体献金を一円も受け取っていない清潔な政党だからです。』

要求実現の確かな力

『二つ目は、要求実現の確かな力です。子どもの医療費無料化や30人学級(ここ数年足踏み状態)など、住民運動と結んだ日本共産党の論戦が現実政治を動かしてきました。議席が増えればもっと大きな力が発揮できます。
 今、県議会は自民党が圧倒的多数。知事提案にはなんでも賛成。県民から出された請願。例えば原発再稼働の中止を求める請願が、県労会議や民商、全群教や新婦人など52団体から正式に出されたのを自民党などが1回の議会で否決にしてしまいました。
核兵器禁止条約の早期批准を求める請願も、オスプレイの横田基地配備撤回、群馬上空での飛行訓練中止を求める請願も、消費税増税の中止を求める請願も、ことごとく切り捨ててきました。自民党は県議選で議席増を狙っていますが、県民の願いに背を向ける議員が増えても政治は変わりません。』
by hasegawakaoru | 2018-11-19 19:15 | 選挙