人気ブログランキング |

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 68歳】 現在・5期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

倉嶋副市長の解職問題・山本前橋市長は理由を説明せず

e0260114_16155781.jpg
 
             市議会本会議に出席した山本龍市長(手前右端)
             と倉嶋敬明副市長(同左端)=前橋市議会議場で

 山本市長が12月10日の午後、共産党議員控室に秘書課長と訪れ「倉嶋副市長をやめさせたいので、辞職を求める。応じない場合は年内に解職する」と伝えに来ました。
 そして12日以降、ほとんどの新聞社が「山本市長が副市長を更迭!中心市街地の再開発事業めぐる問題が背景か‥‥」という記事を出しました。
 共産党市議団は市長に会った時から、「市長が2回目の当選を果たした3年前に、『倉嶋氏は群馬県の県土整備部長を歴任し土木のスペシャリスト。副市長にぜひ任命したい』と議会に同意を求め、全会一致で迎えた副市長。任期を1年3カ月も残して解職するのには、不祥事や健康上の問題があるのかなど、理由を明らかにすべき」と市長に求めましたが、理由については一切明言を避けました。 
 そのような中、12月議会が閉会した当日の14日に開かれた各派代表者会議で、市長は「報道記事を見て驚いた」などと述べ、解職の意向をだれにも示していないような不誠実な態度を示しました。 私が「市長自身が解職の意向を直接私にも示した」「白紙撤回するつもりなのか」と質問しても、「答えられない」と頑なな態度を示しました。「理由も示さず副市長をやめさせることは横暴すぎる。市長の専権事項で市議会の承認は不要といえ、市長の態度はあまりにも独善的だ」と強く指摘しましたが、市長は「結論を出してから説明する」と何度も繰り返しました。
by hasegawakaoru | 2018-12-18 16:25 | 市議会活動報告