人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

酒井県議の再選をめざして演説会

酒井県議の再選をめざして演説会_e0260114_17383760.jpg


開発優先の県政も安倍自公政権の勤労統計の不正・大軍拡・辺野古基地・消費税増税・原発再稼働ストップ…共産党演説会で決意しあう 

 塩川鉄也衆議院議員を迎えて市民文化会館で9日(土)に開かれた共産党演説会は、きびしい寒さにもかかわらず市内各所から貸し切りバスも運行され、多くの後援会員や支持者が駆け付け、「2か月後に迫った県議選挙での酒井県議の勝利と7月の参議院選挙での日本共産党の躍進を必ず勝ち取ろう」とみんなで決意を固め合いました。
 演説会の初めに、福島原発事故で前橋市に避難し、国や東電に責任や損害賠償を求めて集団訴訟を闘っている丹治杉江さんと酒井県議による「とことん対談」が行われました。 
 青年時代の秘蔵写真を上映しながら、酒井氏が生い立ちや金沢大学時代の共産党への入党の初心や結婚式での自身のバイオリン演奏のエピソードを語ると、会場から驚きや共感の声が上がりました。また、医療制度の充実を求める看護師の吉岡氏や消費税の10%増税の中止を求める前橋民商の高橋氏、学校給食の無料化や30人学級の実現を求める元教師の石田氏からの要望に酒井県議は、「八ッ場ダムやコンベンション施設などの大型開発優先の県政を、暮らし・福祉優先に転換すれば、医療や介護の充実も学校給食の完全無料化も前進できる。小規模業者の経営を守るためにも消費税増税のストップと住宅リフォーム助成制度も制度化したい」と語りました。
 塩川議員は、「群馬県内の公共事業に有害鉄鋼スラグが使われていることを県議会で暴露し、大企業に対しても毅然として責任を追求し撤去させるとともに、原発事故の避難者や大雪による被災農家を暖かく支援したのも酒井県議。必ず再選を」と訴えました。
 さらに毎月勤労統計の不正、米国製戦闘機の爆買い、消費税増税、米軍沖縄辺野古基地建設など国政の課題に触れた塩川議員は、「ウソとごまかしまみれで暴走する安倍自・公政権を参議院選挙で少数に追い込むために、野党共闘を貫く共産党をなんとしても躍進させて下さい」と呼びかけました。
また、地元の後援会の方々とバスで参加した私は「安倍政権の悪政の下で、どこでも暮らしの悲鳴が寄せられています。なんとしても県政も国政も変えましょう」と参加者に訴えました。
by hasegawakaoru | 2019-03-02 17:39 | 選挙