人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

戦争を美化する自衛隊の武器展示はやめよ!

戦争を美化する自衛隊の武器展示はやめよ!_e0260114_1792888.jpg

 
 けやきウォーク前橋で5月5~6日の両日、自衛隊の装甲車など3台が展示され、迷彩服を着た自衛官が子どもたちを自衛隊車両の上にせて記念撮影をするなどのアトラクションを実施しました。(下の写真のとおり)
 今、自衛隊は隊員募集と合わせて、このような自衛隊の宣伝活動を積極的に展開しています。しかし、平和を願う多くの市民は、専守防衛の建前を投げ捨てて海外で自衛隊がアメリカ軍とともに戦うことや、敵地攻撃型の武器を含めた軍備の拡大を進めていることに強い怒りや懸念を示し、戦後政治の原点である戦争放棄と武力の不保持と交戦権の否認を定めた憲法9条を守り抜くことを求めています。
 このような中で、自衛隊の軍事的な装備や車両を子どもなど市民に直に触れさせるアトラクションや展示を行うことは、平和や憲法9条の擁護を願う市民に強い不安や怒りを与えることは必至です。すでに今年の春、上川渕地区で実施された子ども育成連絡会が主催する「のびゆく子どもの集い」などに自衛隊が参加し車両や装備が展示されています。
 党市議団は13日、「前橋市や自治会、あるいは実行委員会が主催する各種行事・まつりなどに、自衛隊側から積極的な自衛隊員の参加や武器・装備の展示などの要請があっても、安易に参加を認めないようにすべき。また、各種行事への人集めの手段として自衛隊を積極的に招くことのないように、平和都市宣言自治体である前橋市として関係団体に指導・助言する」などを市長に強く要請しました。
by hasegawakaoru | 2019-05-29 17:10 | 市議会活動報告