人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

市民の声を聞かない市政運営の改善を!

市民の声を聞かない市政運営の改善を!_e0260114_17295366.jpg


 市長は公約の8割を達成していると胸を張っているが・・・・

 第2回定例市議会が終わりました。半年後に市長選挙が迫っていることもあり、山本市長が「公約の多くを実現している」と8年間の市政運営に胸を張りました。しかし、共産党市議団は、「市長は行政の民営化と開発や各種イベントに力を入れ、市民不在の市政運営を続けてきた」とみています。

市民の声を聞かない市政運営の改善を!_e0260114_1727545.jpg


市民の声を聞かずに「まちづくり」を推進

 首都圏からの退職者を呼び込む日赤病院跡地計画、前橋駅前の高層複合ビル建設、中心市街地の大規模な再開発計画などは、いずれも当初計画通りには進んでいません。桃井小学校と統廃合した中央小学校跡地も民間に貸し付ける方針を示していますが、市立図書館の建て替え先を市民に相談せずに中心市街地の再開発事業に位置付けたのでしょうか。
 田口・関根地区の新「道の駅」の整備方針も市民に十分知らせないまま進んでいます。市民の声を聞かないまちづくり計画は円滑には進みません。

「めぶく・新しい価値の創造」も言葉だけ

 市長は赤城山麓の農業や観光振興を進めるとスローシティー構想の推進を主張し、今月にはイタリアで開催される国際会議にも参加します。ところが、市独自の農業振興策を示さないため、宮城地区では農地をつぶす産業団地の要望が出されています。赤城山の鍋割直下に19㌶もの山林を伐採して大規模太陽光発電設置計画が明らかになっているにもかかわらず、景観を守る努力を全く尽そうとしていません。
 赤城山頂大沼地区の寂れた厚生団地(民間福利厚生施設の県管理の団地)の再整備に向けての県との協議は全く行っていません。前橋の観光資源の赤城山を磨かず大事にしないで、新しい価値の創造ができるのでしょうか。

国保税の引き下げ・特養の増設・マイバス路線の増設などには答えず

 今、多くの市民の願いは福祉や子育て支援の充実です。特別養護老人ホームの入所を希望しながら待機させられている高齢者が800人もいるのに、計画通りの増設を本気で取り組んでいません。高すぎる国保税や介護保険料の引き下げも、すでに渋川市やみどり市が実施している学校給食の無料化も進めようとしません。通院や買い物の足の確保に、マイタクはスタートしましたが、支援額の上限が千円では長距離の利用は困難です。病院やスーパーなどを巡回する100円で乗れるマイバス路線の増設を進めるべきです。
 国民を管理するためのマイナンバーカードの発行促進やスマートフォンを使ったデマンドバスの呼び出しなどには熱心ですが、老後の暮らしを支える施策や子育て支援策は大変後ろ向きです。市民の切実な願いに心を寄せず、安倍政権の悪政に追随する市長の市政運営は問題です。
by hasegawakaoru | 2019-06-18 17:30 | 市議会活動報告