人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本共産党前橋市議会議員 長谷川薫  【年齢 70歳】 現在・6期・携帯・090-1534-5061・自宅~前橋市南橘町15-5・お困りごとや行政への要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


by hasegawakaoru

整備する「新道の駅」周辺住民が生活環境の保全を市に要望

「新道の駅」整備・予定地周辺の住民の生活環境への悪影響に十分配慮を!

 

8月3日に南橘公民館で、「新道の駅」の住民説明会が行われ長谷川議員も参加しました。

上武道路沿線の関根町・田口町に整備される市内4か所目の新道の駅は、すでに昨年ヤマト・OCOGグループと事業契約を締結し、現在施設設計が進んでいます。国土交通省との事業区分の協議も完了し、土地収用法に基づく事業認定申請を群馬県に行っているところです。

共産党市議団は、「農畜産物の特産品もなく、南橘や芳賀地区では農家戸数も少なくなっており、新鮮な野菜などを安定的に供給する体制が弱い。川場村の道の駅「田園プラザ」の5㌶を超す7㌶もの整備規模は過大。国土交通省からも、上武道路の交通量から約1㌶規模の整備しか受けられない。95億円規模の事業費も大きすぎる。農業振興なのか観光振興なのかわからない。富士見や大胡、荻窪の道の駅へのマイナス影響も心配。負の遺産とならないよう、市民の意見も聞きながら整備規模を縮小し、事業運営が順調であれば順次拡張すればいいのではないか」と主張してきました。

ところが、わが党の提言に耳を傾けないまま市当局は、事実上、民間事業者に計画や運営を丸投げして、事業を当初計画通り推進し、間もなく用地買収に着手しようとしています。

説明会では、新道の駅の事業区域の外側に住宅がある住民から、「24時間利用できる大型車約80台の駐車場の近くに住む住民は、騒音や排気ガスの影響を受ける。県道四つ塚原之郷前橋線につなぐ市道の騒音も心配だ。駐車場を上武道路側に変更してほしい」という要望が出されています。

9月議会で騒音対策など十分講ずるよう市に対策を求めて質問をます。


整備する「新道の駅」周辺住民が生活環境の保全を市に要望_e0260114_1851658.jpg


by hasegawakaoru | 2019-09-19 14:11 | 市議会活動報告